前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

早期離床について

 近年、集中治療領域での早期リハビリテーションが注目されております。
 早期リハビリテーションとは、「疾患の新規発症、手術または急性増悪から48時間以内に開始される運動機能,呼吸機能,摂食嚥下機能,消化吸収機能,排泄機能,睡眠機能,免疫機能,精神機能,認知機能などの各種機能の維持・改善・再獲得を支援する一連の手段である」と定義されております。
 なぜ48時間以内に開始するかといいますと、疾患の新規発症や手術による不活動では、筋肉の減少が48時間以内に始まり、2~3週間のうちに最大になると報告されております。このため、早期リハビリテーションは48時間以内に開始し、2~3週間の運動介入でしっかりと筋力を強化する必要があります。
 この早期リハビリテーションを行う際に重要となってくるのが【早期離床】です。早期離床とは、手術や疾患の罹患によって起こる臥床状態から、できるだけ早期に座位、立位、歩行を行い日常生活動作の自立へ導く一連のコンセプトを指します。
 早期離床は、術後の合併症や廃用症候群の予防、せん妄予防など多くのメリットがあると言われております。具体的な効果としまして、呼吸器疾患であれば気道内の分泌物の排出が促進され、無気肺や肺炎、低酸素血症の予防に繋がります。
 また、循環器疾患であれば静脈血のうっ滞を防ぎ、深部静脈血栓症や肺塞栓症を予防する効果があります。このように、早期離床にはさまざまなメリットがありますが、タイミングや方法を間違えると命に関わる状況につながることもあります。
 そのため、早期離床を成功させるためには、病態を把握し医師や看護師など多職種で情報を共有しながら、その患者にあった運動や離床方法を見極める必要があります。早期離床を促すためには術前からの十分な説明と指導が必要です。患者さん自身がしっかり理解することで、早期離床に向けて主体的に取り組みやすくなります。


◎ 著者プロフィール
氏名:山本 龍(ヤマモト リョウ)
所属:高知大学医学部附属病院 リハビリテーション部
役職:理学療法士

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る