前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

AYA世代のがん

 AYA世代とは、Adolescent and Young Adultの略で、思春期・若年成人を意味します。年齢でいうと15歳から39歳までをさします。がんの罹患率および死亡率が最も低い世代であり、がん対策においてこれまで取り組まれていない対象でした。しかし、この世代のがんは、多様な癌腫のため多診療科が関わるものの、稀少なため治療法が未確立であったり、AYA世代が抱える特有の課題への対応が不十分など、適切な医療や支援が提供できていない可能性がありました。国の第3期がん対策推進基本計画において、初めてAYA世代の癌対策が明記されました。
 AYA世代の特有の課題として、「患者も医療者もがんを疑おうとしない傾向」や、「自身の生活、仕事を優先して検診や病院に行かない傾向」が指摘されており、診断の遅れにつながる場合があります。また、治療後の生存期間が長く、治療による晩期合併症を回避して健康な人生を送るために、がんの種類と受けた治療内容に応じて、長期にフォローアップを行うことが望ましいとされています。
 AYA世代の患者は小児、成人と異なる特有の心理・社会的問題があります。思春期は性の自覚、同世代との交流、親密な情緒的関係の構築、親からの自立の発達段階にあることに加え、治療により学業や就労が遅れたり、中断されることで人生設計が変わる可能性があります。若年成人世代になると、家庭や社会での活動が生活の中心となり、癌治療により子育て、親の介護などや仕事への影響が不可避です。そのため、家庭の維持と治療の両立、仕事と治療の両立が困難となり、経済的困窮に直面したり、病気の不安、家庭の不安などが重なり、強度の精神的ストレスを抱える場合が少なくありません。
 癌治療により、妊孕性が低下することも多く、妊孕性温存の選択肢について話し合うことも必要です。高知大学では2020年4月よりがん生殖外来を設けて、相談ができるようになりました。高知県では、卵子凍結・受精卵凍結については対応できますが、卵巣凍結は県外施設での相談となります。費用面については、高知県で助成金制度がもうけられており、がん相談窓口などで相談することができます。
 AYA世代のがん患者には他職種によるチームが必要と考えられます。医学的なサポートはもちろんのこと、教育支援、就学支援、経済・生活支援が必要になります。病気のことだけでなく、その背景も含めてサポートしていく必要があると考えています。


◎ 著者プロフィール
氏名:樋口やよい(ヒグチ ヤヨイ)
所属:高知大学医学部附属病院 産科婦人科
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る