前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

不正性器出血

 産婦人科の日常診療の中で、多くの女性の皆さんから不正性器出血に関する疑問の声をお聞きします。気になる症状があっても、デリケートな内容のため、周囲の人に相談するのをためらってしまったり、産婦人科を受診するかどうか悩むこともあるのではないでしょうか。

【不正性器出血とは】
 不正性器出血とは、一般的に月経時以外の出血のことを指し、その原因は多岐にわたります。出血の性状や量、持続期間も様々です。例えば、明らかな鮮血ではなく、ピンク色や茶色のおりものがみられる場合や、出血がごく少量で短期間しかみられない場合など、症状がさほど目立たないケースもあります。このような症状の時には「大したことはないから、これくらいなら様子をみてみよう」と判断する方もいるでしょう。しかし、一見軽い症状に思えても、注意が必要な婦人科疾患が背景に隠れている可能性もありますので、産婦人科への相談が望ましいです。
【診断】
 さて、実際に患者さんが不正性器出血を訴えて産婦人科を受診した場合、医師は①子宮からの出血(異常子宮出血)か、②子宮以外の性器(腟や外陰部)からの出血かに大別し、以下のようなことを鑑別しながら診察や検査を行っていきます。
①子宮からの出血(異常子宮出血)
(1)妊娠
 閉経前の女性では、まずは妊娠による出血でないかを念頭に置く必要があります。患者さん自身が妊娠に気付いていない場合もあるため、私たちも注意を払って問診や検査を行っています。
(2)腫瘍
 妊娠が否定された場合や、閉経後の女性の出血の場合、子宮の中に出血の原因となる腫瘍がないかを探します。特に子宮の悪性腫瘍は、不正性器出血が代表的な症状ですので、初期段階でこれらを診断することが大切です。腫瘍を探すための診察では、内診と超音波検査で子宮の形に異常がないか、痛みがないかなどを確認し、癌の疑いがある場合は病理検査を行います。病理検査については、子宮の入り口の癌(子宮頸癌)と子宮の奥の癌(子宮体癌)は種類が異なる癌であるため、子宮の入り口(子宮頸部)と子宮の奥(子宮体部)のそれぞれから細胞を採取します。子宮頸癌や子宮体癌などの悪性腫瘍以外には、良性腫瘍であるポリープや子宮筋腫などが不正性器出血の原因となることがあり、治療を要する場合があります。
(3)機能性出血
 妊娠や腫瘍などの病気がない場合、女性ホルモンのバランスが崩れることが出血の原因になる場合があり、機能性出血と言います。このようなホルモンバランスが崩れることによる出血は、卵胞期(月経~排卵までの時期)・排卵前後の時期・黄体期(排卵後~次の月経までの時期)のいずれの時期でも起こりうるものです。ほとんどは一時的な出血で、心配がいらないことが多いです。機能性出血であっても、出血が長く続く場合や量が多い場合、出血を繰り返す場合には、ホルモン剤を用いて治療をすることがあります。しかし、出血症状だけでは機能性出血かどうか判断はできません。また、「いつものことだから」と思って様子を見ていても、背景に他の病気が隠れていることもあります。そのため、機能性出血であっても、産婦人科の診察は大切です。
(4)薬剤性
 内服している薬が影響する場合もあります。血液をサラサラにする薬を内服している人は出血が止まりにくく、不正性器出血につながる可能性があります。女性ホルモンの正常分泌に影響を及ぼし、不正性器出血がみられる薬もあります。薬が原因と疑った場合には、かかりつけ医師と連携して薬の調整を行います。
②子宮以外の性器からの出血
 腟や外陰部が出血源となることもあります。閉経後の女性で多いのは、女性ホルモンが低下することで、腟や外陰の粘膜が弱くなり、ダメージを受けやすくなることで出血する場合があります。頻度は少ないものの、腟や外陰に悪性腫瘍がある場合もありますので、婦人科診察で腟や外陰の異常がないか調べることは大切です。
また、不正性器出血と思っていたら、実は尿道や肛門・直腸などからの出血が原因のこともあります。その場合は泌尿器科や消化器科での検査や治療が必要です。
【最後に】
 以上のように、不正性器出血の原因はとても多いです。中には様子を見ても大丈夫な場合もありますが、ご自身で判断する前に、一度産婦人科での相談が望ましいです。特に、閉経後に出血がみられた場合は、必ず病院を受診してください。


◎ 著者プロフィール
氏名:黒川 早紀(クロカワ サキ)
所属:高知大学医学部附属病院 産科婦人科
役職:医員

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る