前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

歩いたら胸が苦しいです

 歩いたときに胸が苦しい場合、原因はいくつか考えられます。狭心症や心臓弁膜症、呼吸器疾患といった病気が考えられますが、今回は狭心症と心臓弁膜症について説明したいと思います。
 狭心症は心臓に血液を送る冠動脈という血管が狭くなり、血液の流れが悪くなることで胸が痛くなる病気です。特に運動した時に心筋への血液が足りなくなるため、運動時に胸の苦しさが出現し、休むとよくなるといったことが多いです。狭心症の多くは高血圧や糖尿病、高脂血症や喫煙といった生活習慣病が原因の動脈硬化によって起こります。
 狭心症は冠動脈が狭くなっている状態ですが、血管が完全に詰まると心筋梗塞になります。心筋梗塞は、心臓への血流が完全になくなるため心臓の筋肉が壊死してしまう、大変危険な病気です。狭心症は休むとよくなることが多いですが、心筋梗塞になると休んでも胸の苦しさが続きます。そのまま放っておくと、命にかかわる病気ですので、一刻も早く治療を行う必要があります。
 狭心症や心筋梗塞は心電図や心臓超音波検査で診断し、必要があればカテーテル検査を行います。カテーテルは細い管で、手首や足の付け根から血管に入れて、冠動脈まで進めていき造影剤を注入することで、狭くなっている場所や詰まっている場所を確認します。
 治療に関してはカテーテルで狭くなっている血管を広げる治療を行います。血管が狭くなっているところがたくさんある場合はカテーテルでの治療は難しくなるため、手術で血管をつなぐ冠動脈バイパス術を行います。全身麻酔の手術になりますが、一度の手術でたくさんの血管をつなぐことができるので、たくさんの血管が狭い人は冠動脈バイパス術での治療を行うこととなります。
 カテーテル治療や手術も大切ですが、ステントを置いたり、バイパスをつないだりしても、また血管が狭くなってしまう人もいます。再発予防には食事や運動、内服薬での生活習慣病の治療がとても大切になります。禁煙も含めて日々の生活習慣に気を付ける必要があります。
 次に心臓弁膜症についてです。心臓は全身に血液を送るポンプの働きをしており、4つの部屋からできています。その部屋と部屋の間には弁といわれる扉があり、血液が逆流しないように開いたり、閉じたりしています。この弁が狭くなって血液の流れが悪くなったり、閉じ切らなくなって逆流が起こったりすることで、心臓に負担がかかり、心不全といわれる状態になります。
  弁が狭くなる病気としては大動脈弁狭窄症が多いです。大動脈弁は心臓から全身の血管へ血液が出ていく最後の弁です。大動脈弁狭窄症になると、歩いた時の息苦しいといった胸の症状が出現することが多く、その他には突然意識がなくなる失神といった症状が出現することもあります。
弁の逆流する病気としては僧帽弁逆流症が多いです。僧帽弁は心臓の左にある2つの部屋の間の扉で、逆流が起こることで歩いたときに息苦しさの症状が出現します。
 弁膜症は聴診で心臓の音がおかしいことで気づかれることが多く、心臓超音波検査で診断します。心臓弁膜症の治療としては、まずは心臓の負担をとる薬での治療を行います。弁膜症の程度がひどい場合は手術で弁を人工の弁に入れ替える治療が必要となります。最近ではカテーテルを使って人工の弁を留置する、弁の逆流を抑えるといった治療も行われていて、今後も新しい治療方法が出てくることが期待されています。
 歩いたら胸が苦しいといった症状は、心臓の病気を中心に様々な原因が考えられます。危険な病気である可能性もある症状ですが、診断ができれば治療方法があることも多いです。症状があれば病院を受診して相談してください。


◎ 著者プロフィール
氏名:宮本 雄也(ミヤモト ユウヤ)
所属:高知大学医学部附属病院 
老年病・循環器内科 役職:医員

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る