About Me

地球を知り未来をさぐる

〜高知発!!最先端地球科学〜

高知市民の大学_75_自然科学コース

 

今は昔,ODP Leg.178という航海で,深海掘削船ジョイデス・レゾリューション号 (JOIDES Resolution)に乗船し,南極半島の航海に出かけました.日本人研究者はただ一人,私が南極研究に携わるようになった始まりでした.翌年にはイタリアの砕氷船でロス海に,そして約10年後の2010年には再度掘削船で東南極氷床が広がるウィルクスランド沖の航海 (IODP Exp.318)に乗船,南極氷床やその周辺海域の今昔を探ることになりました.南極氷床は地球の気候システムや海洋大循環と密接な関係にあり,世界中の研究者が時には競い,時には協力して研究を進めています.地球温暖化が進むと,南極の氷はどうなるのでしょう?氷がなくなると生き物は?海底には,過去に地球が歩んできた今よりも温かい時期・寒い時期の様子が地層として記録されています.参加した航海での撮影・製作された写真や動画を交えながら,南極氷床の今と昔を眺めて行きたいと思います.

岩井雅夫

高知大学理学部

【略歴】

  1. 1.群馬県出身

  2. 2.東北大学理学部地学科

  3. 3.東北大学大学院理学研究科博士課程   理学博士

  4. 4.東京大学海洋研究所 研究員・技術補佐員

  5. 5.海洋科学技術センター(現JAMSTEC)   流動研究員

  6. 6.高知大学理学部 助手

  7. 7.高知大学海教育研究部自然科学系理学部門 教授(〜現在)

  8. 8.室戸ジオパーク協議会顧問(〜現在)

  9. 9.産業技術総合研究所客員研究員(〜現在)

  10. 10.こども科学館(仮)アドバイザー(〜現在)

南極氷床今昔物語