地球を知り未来をさぐる

〜高知発!!最先端地球科学〜

高知市民の大学_75_自然科学コース

 




日本が誇る地球深部探査船「ちきゅう」に乗船し,統合国際掘削計画 (IODP)であるExpedition 337次研究航海に参加しました.

下北半島から約80km離れた地点にヘリコプターで乗り込み,そこの海底を約2ヶ月かけて2,466mの深さまで掘削しました.この深さは,科学掘削史上初めてのことでした.

そこからは,様々な種類の堆積物が見つかり,かつて陸上であった湿原や河川の存在も明らかになりました.

特に,深さ2,000m付近では真っ黒な石炭層が何層も見つかり,北海道に産出する石炭層ともつながっているようです.

このような堆積物の形成過程や研究者の長〜い船上生活などについて詳しくお話しします.

下北沖を海底下2,466mまで掘った!

 

村山雅史

高知大学海洋コア総合研究センター

【略歴】

  1. 1.熊本県荒尾市出身

  2. 2.高知大学理学部地学科

  3. 3.高知大学大学院理学研究科地学専攻

  4. 4.東京大学大学院理学研究科博士課程  地質学専攻(理学博士)

  5. 5.日本学術振興会特別研究員            (東京大学海洋研究所)

  6. 6.北海道大学大学院地球環境科学研究所 助手

  7. 7.高知大学理学部地学科 助教

  8. 8.高知大学海洋コア研究センター 助教

  9. 9.高知大学海洋コア総合研究センター助教

  10. 10.高知大学海洋コア総合研究センター准教

  11. 11.高知大学海洋コア総合研究センター教授