高知大学学務部入試課
〒780-8520
高知県高知市曙町二丁目5番1号 MAP
電話:088-844-8153
FAX:088-844-8147
E-mail:nys-web@kochi-u.ac.jp
主な授業科目と授業内容(専門科目)
授 業 科 目 内   容
【必 修 科 目】
GS特別講義T 公的研究機関や民間企業の研究者が、研究・開発の重要性と魅力を解説する。(集中講義方式:非常勤講師)
GS特別講義U 早期より教員と交流することにより、当該分野の研究・開発を行うための動機づけを行う。
(集中講義方式:講義形式 「物質の科学」を受講し、レポートを提出する。授業内容をまとめてプレゼンテーションを行う。)
GS実験T 早期より研究室内で実施されている研究に触れ、先端研究の内容を修得する。また、研究に利用されている機器を使用し、その原理、操作方法、データ解析技術を修得する。
(集中講義方式:研究紹介と機器分析実験(化学系教員が5名の学生を相手に自身の研究室を紹介、研究内容の紹介と重なる部分はあるが、研究室内の実際に使用している合成装置、評価装置などを紹介する。)
GS実験U 早期より研究室内で実施されている研究に触れ、先端研究の内容を修得する。また、研究に利用されている機器を使用し、その原理、操作方法、データ解析技術を修得する。
(集中講義方式:研究紹介と機器分析実験(化学系教員が5名の学生を相手に自身の研究室を紹介、研究内容の紹介と重なる部分はあるが、研究室内の実に使用している合成装置、評価装置などを紹介する。)
GS実験V 研究室内で実施されている最先端研究に参加し、研究を行なう環境に馴染ませる。
(集中講義方式:実質的な卒論配属、1教員に学生1名まで。)
GS実験W 研究室内で実施されている最先端研究に参加し、研究を行なう環境に馴染ませる。
(集中講義方式:実質的な卒論配属、ただし、GS実験Vと異なる研究室を選択しても良い。)
GS課題研究 学部4年次の卒業論文に準ずるものとして、主指導教員・副指導教官の指導のもと、グリーンサイエンス分野での
実験技術・文献検索能力・プレゼンテーション能力等を涵養する。(集中講義方式)
知的財産論 「特許法」、「薬事法」等に関する基礎知識を身につけるとともに、文献検索・情報収集についての方法論を
涵養する。 (集中講義方式:非常勤講師)
科学者倫理学 企業人として活躍する先輩・社会人が技術・商品開発や企業戦略に関する事例を紹介しつつ、リスクマネジメント・MOTに必要な基礎的知識を教授すると同時に、科学者としての倫理観を付与する。 (集中講義方式:非常勤講師)
基礎分析化学 液内化学平衡の原理とその計算法を確実に、理論正しく、しかも段階的に展開する。
酸塩基平衡、錯生成平衡、溶解平衡
基礎有機化学 1.炭素ー炭素結合の回転障壁と立体配座を学ぶ。不斉現象からエナンチオマー・ジアステレオマーの関連を
理解する。
2.有機化学での最も基本的反応である求核置換反応を学ぶ。
3.脱離反応の学び、反応の経路を決定する因子を学ぶ。
4.アルコールの性質、合成をを学ぶ。
基礎無機化学 1.従来学んできた化学の知識の整理
2.化学の基本的事項・概念間の関連
3.化合物の構造・性質と基礎理論との関連
物理化学 1.「エネルギー」の種々の表現を習得し、その内因を原子の観点から理解する。
2.量子論の基礎について学習し、原子等の微少な物体が日常世界とは違った法則のもと運動していることを
理解する。
専門化学実験 実験を通して化学薬品、実験器具に関する基礎知識や実験操作の技術、および実験結果の考察力を身につけることを目標とする。
科学英語 In a science career it may be necessary to use Englishto make presentations or to discuss your special field.This course will help you to do this.
分析化学 溶液内平衡の原理を修得する。基礎分析化学に引き続いて、酸化還元平衡、溶媒抽出法、イオン交換平衡、反応速度を利用する分析法、データの処理法について修得する。
有機化学I 1.アルコールの性質や構造、反応、合成について、系統的に理解する。
2.アルケンの性質や構造、反応、合成について、系統的に理解する。
3.アルキンの性質や構造、反応、合成について、系統的に理解する。
無機化学T 1.原子の電子構造から、種々の化学結合を定性的に理解し、分子軌道の概念を用いて分子の形や性質を理解する。
2.固体の構造に関する基本的概念を学習し、実際の化合物の構造や物性に適用する。
物質平衡論 自然界における化学的現象を理解するには化学の基礎理論を学ぶことが重要である。本講義では化学の基礎理論をなす物理化学における熱力学の知識をまとめ、純物質の物理的な変態、混合物の平衡、相図の取り扱い、化学平衡について講義をおこなう。
有機化学U 1.カルボニル化合物の性質や構造、反応、合成について、系統的に理解する。
2.カルボニル化合物の求核付加反応やカルボン酸の付加−脱離反応等の機構を電子論的に正しく理解する。
無機化学U 1.周期表の種々の元素の実際の振る舞いについて学ぶ。
2.電子構造をもとに元素を体系的に分類し、それぞれの単体および化合物の性質について理解する。
3.有機金属化学などの分野で発展を遂げている無機化学の応用について理解する。
化学英語ゼミナール 化学英語を正しく理解する力を養うために、様々な専門用語や表現方法を習得する。最終的に学術論文について、
その構成と内容を理解するとともに、文献の検索方法についても学び、最新の化学へのアプロ−チの方法を習得し実践する。
無機・分析化学実験 授業で学んだ知識をもとに、実際に実験を行うことによる実験科学的な思考力の養成を目的とする。
無機化合物の合成、精製、構造決定および各種物質濃度の定量という一連の基礎的な実験技術を習得し、化合物の取り扱いや性質に関する理解を深める。さらに、機器による測定を行い、測定の手法および得られたデータの取り扱い方法を習得する。
有機化学実験 授業で学んだ知識をもとに、実際に実験を行うことによる実験科学的な思考力の養成を目的とする。有機化合物の合成、精製、構造決定という一連の基礎的な実験技術を習得し、化合物の取り扱いや性質に関する理解を深める。さらに、機器による測定を行い、測定の手法および得られたデータの取り扱い方法を習得する。
物理科学実験IB 1.物理化学の諸分野から選ばれたいくつかのテーマについて実験を行いレポートを作成する。
2.実際に自分の手で実験を行っていく過程を通じて各テーマに関する知識と共に物理化学的思考法を身につける。
専門情報処理演習 化学分野のレポートやプレゼンテーションに必要な構造式作図から分子の構造解析・分子軌道計算などのパソコンを用いた演習を行う。
無機化学演習 無機化学に関する演習を行い、無機化学に関する知識を深めてもらう。「無機化学」は、すべての元素のつくる単体と化合物の性格を研究し、そこから元素の個性を抽出して多様な物質系について系統的な記述を与えることを目標とした学問である。これまでの物理化学に加えて、分析化学、有機化学との境界領域も注目されるようになってきたことを考慮して、無機化学に関する幅広い理解を深めること
分析化学演習 無機化学、分析化学に関する演習を行い、無機化学、分析化学に関する知識を深めてもらう。「無機化学」は、すべての元素のつくる単体と化合物の性格を研究し、そこから元素の個性を抽出して多様な物質系について系統的な記述を与えることを目標とした学問である。これまでの物理化学に加えて、分析化学、有機化学との境界領域も注目されるようになってきたことを考慮して、無機化学および分析化学に関する幅広い理解を深めること
有機化学演習 1.立体化学を含む化学構造の問題を解く。
2.あらゆるタイプの有機化学反応の理解を確実にする(反応機構を含む)。
3.総合的な多段階合成に慣れる。
物理科学演習IB 1.「物理化学」に関する授業でこれまで学んだ化学の基礎的な考え方に関する問題を解く。
2.計算機を使って問題を解く。

主な授業科目と授業内容(修士課程
授 業 科 目 内   容
【選 択 必 修 科 目】
GSリサーチプロポーザル 博士課程への進学を希望するなど、より高度な研究を目指す学生が主に履修する。プレゼンテーション能力・ディベート能力を身につけるとともに、研究企画能力の養成を目指す。
GS企業インターン 就職予定者を中心にインターンシップを導入し、企業・施設などの現場を肌で感じるとともに、開発能力・問題解決能力などを身につける。
【必 修 科 目】  
GS特論 政治、医療、エネルギー、資源など、さまざまな分野における社会的な問題を知り、広い視野のもとに問題解決のための方策を立案する素地を築く。
学術論文作成セミナー 主指導教員が中心となって、短期集中的に欧文誌への投稿論文作成について指導を行う。必要な場合には、外国人教員の協力を得て英文校閲を行い、1人で平均1報程度論文発表することをめざす。
海外インターン 国際的に通用する高度専門職業人・研究者の育成を目的に、海外協定校を中心に1ヶ月程度派遣する。派遣前に提出する研究計画書、帰学後に行う成果報告会の結果と内容に基づいて評価する。
GSゼミナールT 特定のテーマについて種々の文献を検索・学習し、Power point等を使用して講演形式で報告などを行う。
これによりプレゼンテーション能力を養う。
GSゼミナールU
GS特別研究 専門分野の新しい知見に基づいて研究・実験を実際に行い、独創性、創造性など研究能力の発揚、研究手法、
発表能力などを体得する。


  Copyright (C) 2013 Kochi University. All Rights Reserved