高知大学公開講座

… HOME … 公開講座 … 秋の公開講座 …

グラフィックデザインを楽しむ

講座名 グラフィックデザインを楽しむ 

グラフィックデザインの制作領域は多様性を増し、生活の広範にわたりグラフィックデザイナーの力が求められています。ハガキのデザインを一から作ってみたいという方の為の入門的なグラフィックデザイン制作を行います。グラフィックデザインの制作に必要なアプリケーションソフトの操作方法を基礎から学ぶことができます。段階的に技術を習得し、名刺、及びカレンダーの制作を実践します。

第1回: Macintoshとの操作方法について (講師: 吉岡一洋)
第2回:Adobe Illustrator,Photoshopの基本操作について
第3回:Adobe Illustratorの基本操作について
第4回:Adobe Illustratorを用いた名刺のデザイン
第5回:Adobe Illustratorを用いたポストカードのデザイン
  *USBメモリ、デジタルカメラで撮影した写真データを持参下さい。

吉岡 一洋(よしおか かずひろ)

高知大学教育研究部人文社会科学系教育学部門 准教授
国際アートトリエンナーレ 入選
シルクスクリーン国際版画ビエンナーレ 佳作

11月4日(金)、11月11日(金)、11月18日(金)、11月25日(金)、12月2日(金)
【全5回】 18時30分〜20時00分  毎週 金曜日

高知大学朝倉キャンパス 教育学部棟2Fデザイン実習室
6,200円
定員10名 
*申込人数が5人以下の場合、開講しないことがあります。
… HOME … 公開講座 … 秋の公開講座 …

開発途上国論

講座名 開発途上国論

21世紀に入り、グローバル化の推進とともに開発途上国の課題は複雑化し、また、国々の国際関係も一層重層化かつ複雑化してきている。1960年代から、我が国はアジアをはじめ多くの国々と国際開発協力を行ってきたが、90年代以降、旧ソ連やアフリカ、紛争国家への対応、地球規模問題への対応など、国際協力の内容も変化を遂げてきた。本講座では、開発途上国と称される国々を政治、経済、市民の自由度、貧困問題、人口流出等多くの観点から考察し、日本の国際協力全体を俯瞰する。最後に、特殊事例である紛争国への対応なども紹介するが、安全管理の考え方は、海外旅行や駐在員の勤務などにも十分に活用出来るものが多いので、JICAや国連の取り組みを参考にしていただきたい。

第1回:  開発途上国(アジア、中東、アフリカ、中央アジア(旧ソ連)等)の21世紀における課題
第2回:  国際協力の理念と実際
第3回:  紛争地域における国際支援の実際
第4回:  明日から活用できる「海外における危機管理:応用術」

菊地 智徳(きくち とものり)

1987年JICA(現国際協力機構)採用。サウジアラビア、ケニア、アフガニスタン、フィリピン・ミンダナオ国際停戦監視団(外務省)に駐在。中東、中央アジア、アフリカ等での出張勤務多数。2011年2月から高知大学 国際・地域連携センター特任教授。

10月5日(水)、10月12日(水)、10月19日(水)、10月26日(水)
【全4回】 19時00分〜20時30分  毎週 水曜日

第1回:高知大学 朝倉キャンパス総合研究棟
第2回〜第4回:高知大学 国際・地域連携センター
6,200円
定員30名
*申込人数が5人以下の場合、開講しないことがあります。
… HOME … 公開講座 … 秋の公開講座 …

愛の心理学・総集編:恋愛・婚活マニュアルの“うそ/ほんと”を読み解くための基礎知識

講座名 愛の心理学・総集編:恋愛・婚活マニュアルの“うそ/ほんと”を読み解くための基礎知識

雑誌や情報ヴァラエティの定番の「恋愛心理学」や「婚活必勝法」などには、“専門家”のコメントが付きものです。しかし、その“専門家”が本当に科学的な心理学の文献を読み解いて、しっかりしたデータに基づいた議論をしているかどうかは、意外と分かりにくいものです。そんな世の中を生き抜くためには、“本物”と“偽物”を見分ける知識が必要です。恋愛や結婚に学問的に取り組む学問分野はいくつかありますが、社会心理学はその代表格です。その社会心理学の恋愛や結婚に関するトピックだけを集めた「愛の心理学」という授業が、大学1年生から履修できる共通教育教養科目として平成19年秋に開講され、昨年度までの4シーズンで400人程が興味を持ってくれました。残念ながら5年目が潮時とばかりに、この授業は今年度で打ち切りです。最終シーズンを記念して、今年の授業から“おとな向け”のエッセンスを選りすぐり、公開講座に再編成してみました。

第1回: 「あなたの恋愛体質チェック」…の根拠は?−−愛の分類学
第2回: 「“モテ力”をアップ」…できる?−−対人魅力
第3回: 「だって本能だもん」…だったら?−−進化論的心理学の裏表
第4回: 「相性が悪いのかな」…どこが?−−続く恋人同士の条件
第5回: 「きっともっと素敵な人と出会えるよ」…と言える?−−別れと修復

※平成21年度秋の公開講座「擦れ違うわたしたち・分かち合うわたしたち:別れと出会いの対人コミュニケーション」の第1回・第2回で紹介した内容の一部が、違ったかたちで紹介されることがあります。

増田 匡裕(ますだ まさひろ)

高知大学教育研究部人文社会科学系人文社会科学部門 准教授
Ph.D. (Communication Studies)
人文学部など学内での主な担当科目:
人間文化学科人間基礎論コース専門科目「社会心理学」
共通教育教養科目「心理学を学ぶ」「愛の心理学」

翻訳書(共訳):『喪失体験とトラウマ』『愛の心理学』(いずれも北大路書房)

11月8日(火)、11月15日(火)、11月29日(火)、12月6日(火)、12月13日(火)
【全5回】 19時30分〜21時00分  火曜日開催

高知大学 朝倉キャンパス総合研究棟
6,200円
定員30名
*対象は一般の方で18歳以上。但し、高校生はご遠慮ください。
*申込人数が9人以下の場合、開講しないことがあります。
… HOME … 公開講座 … 秋の公開講座 …

震災を見据えた健康管理

講座名 震災を見据えた健康管理

東北・関東で発生した大震災や津波により、これまであまり意識されてなかった健康管理の盲点がいくつか明らかになってきました。この講座では、震災や津波が発生したときになって表面化する可能性のある心臓や血管の病気にはどのようなものがあるか、またそのときに困らないためにはふだん何をしておけばよいかなど、わかりやすく解説します。

第1回:災害と心臓・血管の病気について
第2回:大動脈の病気について:何が怖いのか、そしてその解決法とは
第3回:狭心症・心筋梗塞、足の動脈の病気:お互いの関連とは
第4回:心臓や血管の病気を持っている人の健康管理
第5回:震災を念頭において現実的な方策とは

渡橋 和政(おりはし かずまさ)

昭和57年広島大学卒業。広島大学第一外科で外科全般を研修し、研究のために米国留学した後、広島大学で胸部外科、心臓血管外科、救急医療を修練するとともに教育、研究に従事。平成23年4月より高知大学第二外科教授。

10月16日(日)、10月23日(日)、11月13日(日)、11月20日(日)、11月27日(日)
【全5回】 17時30分〜19時00分   日曜日開催

かるぽーと
6,200円

定員30名 
*申込人数が5人以下の場合、開講しないことがあります。

… HOME … 公開講座 … 秋の公開講座 …

高知市総合調査(自然編)

講座名 高知市総合調査(自然編)

高知市を中心とした「地域の自然」及び「地域の社会」に関する調査「高知市総合調査」には,高知大学による緻密なデータや豊富な知識が網羅的に集約されており,2011高知市総合計画策定の基礎資料としても活用されています。この調査を教材として,高知市の持つ潜在力,可能性について講義します。

第1回:土佐湾の海底地形・地質とコアから読み取る環境変動 
(土佐湾沿岸から土佐海盆における海底地形,海底地質構造,海底断層,および,堆積物の分布の特徴を概観するとともに,土佐海盆の柱状試料(コア)から復元される最終氷期から現在に至る海洋環境変遷について概説します。)

第2回:高知県の河川から土佐沖への物質流入とメタンハイドレートの形成
(高知県の一級河川である仁淀川から,土佐湾や沖合に運搬される堆積物,とくに有機物の挙動と,それらをもとに形成されるメタンハイドレートについてお話します。)

第3回:高知県の淡水・汽水域の魚類?日本の淡水魚の最近の話題?(高知市の鏡川水系や浦戸湾の魚類を中心に高知県内の淡水・汽水域の魚類相,最新の日本の淡水魚類の話題や外来魚の問題についてお話します。)

第4回:四国南部沿岸域の植生史
(花粉は種子をつくり次の世代を残す上で大切な役割を果たしています.しかし,実際に受精に預かる花粉は少なく,それ以外の多くは地上に落下します。これらの花粉が湖の底などに積もると,化石として数万年以上も残り,私たちに植生の歴史を教えてくれます.ここでは花粉化石から分かった四国南部の植生史を紹介します。)

第5回:南海地震に備える?東日本大震災の実情と反省点?
(M9.0の大地震が日本で発生することは誰も予想できなかった。869年の貞観の津波でさえM9.4であった。地震学の限界をふまえれば、近い将来発生する南海トラフの巨大地震も、その規模はわからないばかりか、津波の高さも不明である。この想定外の事態に対処すべき「対策」とは何か、考えてみたい。)

第1回: 池原 実(いけはら みのる)
自然科学系理学部門(海洋コア総合研究センター)・准教授
専門分野:海洋地質学,古海洋学
主な研究テーマ:黒潮変動史と日本の気候変動,南大洋と南極氷床の変動史の解明

第2回:村山 雅史(むらやま まさふみ)
自然科学系理学部門(海洋コア総合研究センター)・教授
専門分野:海洋地質学,同位体地球化学
主な研究テーマ:海洋コアの高精度年代測定と過去の海洋環境復元,安定・放射性同位体を用いた陸?海域における物質循環の解明

第3回:遠藤 広光(えんどうひろみつ)
自然科学系理学部門(理学部)教授
専門分野:魚類分類学・系統学
主な研究テーマ:深海性魚類の分類学的研究,タラ目魚類の系統学的研究

第4回:三宅 尚(みやけ なお)
自然科学系理学部門(理学部)准教授
専門分野:植物生態学,古生態学
主な研究テーマ:東アジアの第四紀植生史,温帯性樹種の古地理分布,最終氷期以降の火事攪乱レジーム

第5回:岡村 眞(おかむら まこと)
理学部教授、内閣府中央防災会議専門委員

コーディネーター:吉倉 紳一 (よしくら しんいち)
自然科学系理学部門(理学部)教授

10月26日(水)、11月2日(水)、11月16日(水)、11月30日(水)、12月21日(水)
【全5回】 13時30分〜15時00分    水曜日開催

第1回〜第2回、第4回:総合あんしんセンター
第3回:たかじょう庁舎
第5回:かるぽーと

無料

定員50名
*申込不要・先着順(どの回からでも受講できます。)

… HOME … 公開講座 … 秋の公開講座 …

高知市総合調査(社会編)

講座名 高知市総合調査(社会編)

高知市を中心とした「地域の自然」及び「地域の社会」に関する調査「高知市総合調査」には,高知大学による緻密なデータや豊富な知識が網羅的に集約されており,2011高知市総合計画策定の基礎資料としても活用されています。この調査を教材として,高知市の持つ潜在力,可能性について講義します。具体的には、高知市の経済産業構造と地域社会の分析結果を紹介し、「高知市総合調査」から見えてきた高知市の特徴や課題を題材にしながら、それを解決する手段を皆さんと共に考えていきたいと思います。

第1回:防災活動の現状と課題 〜東日本大震災を教訓に〜
第2回:新しい公共とNPO
第3回:高知市の財政状況と課題
第4回:高知市経済の特徴と課題
第5回:パネルディスカッション:「これからの高知を考える 地域防災の視点から」

1回: 大槻 知史(おおつき さとし)総合教育センター・准教授
専門分野:都市社会学、コミュニティー・プランニング、コミュニティー防災
主な研究テーマ・活動:都市住民と農村住民のパーソナルネットワーク、持続可能な地域経営に向けた地域ビジョン共有、携帯型ゲーム機を用いた防災教育

2回:上田 健作(うえだ けんさく)人文学部・教授
専門分野:非営利組織論、公益事業論
主な研究テーマ・活動:保健医療分野における非営利組織の日米比較、高知県における非営利組織の役割と機能

3回:霜田 博史(しもだ ひろふみ)人文学部・准教授
専門分野:財政学、地方財政論
主な研究テーマ・地方財政調整制度に関する日独比較研究、ドイツ統一後の連邦財政調整制度

4回:中澤 純治(なかざわ じゅんじ)人文学部・准教授
専門分野:政策評価論、地域経済論、産業連関分析
主な研究テーマ・活動:地域経済と政策評価、地域産業連関分析、小地域レベルにおける地域産業連関表の作成、環境産業の定量的分析

5回:石筒 覚(いしづつ さとる)人文学部・准教授ほか上記4
専門分野:経済地理学、マレ−シア経済論
主な研究テーマ・活動:マレーシアにおける地域・産業政策、工業団地開発と企業立地、海洋深層水の利活用と地域振興

10月19日(水)、10月26日(水)、11月2日(水)、11月16日(水)、11月30日(水)
【全5回】 15時15分〜16時45分    水曜日開催

第1回、第4回:たかじょう庁舎
第2回〜第3回、第5回:総合あんしんセンター

無料

定員50名
*申込不要・先着順

… HOME … 公開講座 … 秋の公開講座 …

自然の記録を残す人をつくる

講座名 自然の記録を残す人をつくる

自然の記録を残す上で、学術標本・サンプルを正しく同定し整理する能力を有する者は、環境調査・環境教育において必要とされる人材です。本講座では、自然史科学のうち、昆虫類、貝類、藻類、蘚苔類、クモ類の分類学者の活動をサポートする人材の養成を行います。

第1回(選択):蘚苔類の記録の残し方
第2回(選択): キノコ・地衣類の記録の残し方
第3回(選択): 昆虫(アリの仲間)の記録の残し方
第4回(選択):貝類(陸産)の記録の残し方
第5回(選択):クモ類の記録の残し方

【コーディネーター】
   谷地森秀二:四国自然史科学研究センター センター長
【蘚苔類担当】
   松井 透:高知大学理学部 准教授
【キノコ・地衣類担当】
   岡本達哉:高知大学理学部 准教授
【昆虫(アリの仲間)担当】
   伊藤文紀:香川大学農学部 教授
【貝類(陸産)担当】
   山崎博継:わんぱーく高知アニマルランド
【クモ類担当】
   坂東治男:四国大学 講師

11月12日(土)、11月19日(土)、11月20日(日)、12月3日(土)、2月26日(日)
【全5回】 9時00分〜16時00分    土曜日・日曜日開催

高知大学朝倉キャンパス 理学部1号館1階 126実験室

選択1科目 6,200円 選択2科目 7,200円 選択3科目 8,200円
選択4科目9,200円 選択5科目10,200円

定員10名
*申込人数が5人以下の場合、開講しないことがあります。 。

… HOME … 公開講座 … 秋の公開講座 …