高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

教員情報(地域連携情報)

氏名

てばやし しんいち

手林 慎一
自己紹介
所属学系部門 自然科学系 農学部門 研究者情報
メールアドレス 高知大学研究者総覧
ホームページ http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~tebayasi/
研究紹介  生物は周りの生物に影響を与え、あるいは逆に影響を受けて生きています。このような生物−生物の関わり合いを化学的な手段で解明する研究を行っています。具体的には昆虫がどの様に餌となる植物や昆虫を認識しているのか? あるいは植物はどの様にして動物や昆虫・病気から身を守っているのか? その鍵となる「匂い」や「味」に相当する化学物質を分子レベルで解明しています。
研究がこのように生かされています。
また、生かされることを期待しています。
 植物が捕食者や病気から身を守るために持っている化学物質を解明すると、それをそのままあるいは若干改変することにより、殺虫剤や殺菌剤として利用することが出来ます。その利用範囲は農薬だけでなく医薬品や化粧品、食品添加物などにも応用することが出来ます。我々の研究グループでウドから見いだされたジテルペンは天然由来の防腐剤として化粧品などに利用されています。
社会人を対象
とした講演
[題目]
「昆虫のフェロモンとその利用」

[内容]
ファーブルの昔から昆虫の行動は様々な角度から研究されてきた。その中でブテナントによるカイコガの性フエロモンの同定に始まるフェロモン研究の歴史を簡単に紹介し、フェロモンの分類や役割を実例を中心に解説する。さらに最新のフェロモン研究を紹介し、最終的にフェロモンの実社会への利用の現実と未来について考える。
高校生を対象
とした授業
[題目]
「植物のサバイバル戦術」

[内容]
植物は動物とこなり動くことが出来ません。そのような植物は草食動物に食べられるのをただ待っているのでしょうか? 実は、体を固くしたり、ボディーガードを雇ったり、まずくしたり・・・いろいろな方法で身を守っています。このような植物の生存戦略をやさしく解説します。
小学生、中学生を対象
とした授業
[題目]
「虫と植物の会話」

[内容]
虫と虫は会話をしているのか? 虫と草花は会話をしているのか? 草花どうしは会話をしているのか? しているの!? どうやって? 身近にある草花や虫を使って彼らの行っているコミュニケーションを観察・実験する。具体的には昆虫のフェロモンによる集合や忌避行動、昆虫が植物をえり好みする様子、植物が他の植物の成長を邪魔する様子などを実験する。
キーワード 昆虫、植物、化学物質、フェロモン