高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

教員情報(地域連携情報)

氏名

まつもと みか

松本 美香
自己紹介
所属学系部門 自然科学系 農学部門 研究者情報
メールアドレス 高知大学研究者総覧
ホームページ http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~matsumoto-mika/
研究紹介 ●地域林業構造の木材流通およびそれに関わる金銭的流通の分析
●自伐林家を育む環境分析
●四国における木材流通の地域性分析
●木材流通に関わる行政支援の課題
●四国におけるシシ垣について

その他、森林・林業に関することを幅広く研究課題としています。
研究がこのように生かされています。
また、生かされることを期待しています。
【地域の森林林業構造の把握の下での効果的な森林林業政策および地域政策の展開がなされる環境】、【森林林業政策の効果分析が実用化され、より有効で効率的な政策展開・財政投資がなされる環境】などが整備されることを望み、当研究がその一助になることを期待して取り組んでいます。
社会人を対象
とした講演
[題目]
「これからの森林・林業の役割とそれを育む地域社会のあり方」

[内容]
循環型社会下においては、森林に代表されるバイオマス資源の有効活用は不可欠な要素です。そのため、森林の管理システムである林業のあり方を、搾取型から保続型にシフトし、森林の持続的な利用環境を整備する必要があります。同時に、その環境整備を受け入れる地域社会づくりも不可欠です。そのためには、地域社会、すなわちその構成要因である私たち個人個人が森林と林業の仕組みや社会における役割の重要性を理解し、それを支えようとする意識を育まなければなりません。 こういったことについて、わかりやすくお話ししたいと思います。
高校生を対象
とした授業
[題目]
「高知県にはチャンスがいっぱい」

[内容]
高知県の恵まれた自然環境(森林や暖地、河川、海洋)を振り返り、その自然資源を活かした地場産業の健闘状況を紹介するとともに、流通や販売戦略での改善による飛躍の可能性を示唆し、高校生が地域産業に興味を持つきっかけづくりになるようにと考えています。
小学生、中学生を対象
とした授業
[題目]
(小学生向け)「木はみんなを守ってる」
(中学生向け)「森林保護だから木材は使わない?」

[内容]
(小学生向け)森林の各種機能(木材供給、水源涵養、土砂流出防備、など)についてわかりやすく説明し、森林を大切に思う気持ちを育みたいと思います。 (中学生向け)森林伐採のすべてを森林破壊だとする誤解が多いようなので、森林破壊と森林保護についてわかりやすく説明して誤解を解消するとともに、様々な情報を自ら検討して判断するという賢い消費者としての意識を育みたいと思います。
キーワード 地域林業、森林管理、山村振興