高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

教員情報(地域連携情報)

氏名

さい こうじ

齋 幸治
自己紹介
所属学系部門 自然科学系 農学部門 研究者情報
メールアドレス 高知大学研究者総覧
ホームページ  
研究紹介 ・環境モニタリングと数理モデリングを援用した流域水環境の評価・将来予測
・流域の健全な水環境の保全に向けた地域水の最適な管理手法の構築
・閉鎖性水域(内湾や湖沼、貯水池など)内の流動と物質循環の定量化
研究がこのように生かされています。
また、生かされることを期待しています。
近年では、水利用の複雑化や環境アセスメントの必要性などにより、高度な流域水環境の評価・管理手法が求められています。このような課題を達成するためには、流域水環境の現状を詳細に把握するとともに、流域内における水・物質循環機構の定量的評価や水環境要素の将来予測を行うことが必要不可欠となります.そこで、詳細なフィールド調査と数理モデルを駆使することにより、流域内の水環境改善、生態系保全、農林水産業の活性化に向けた研究に取り組んでいます。
社会人を対象
とした講演
[題目]
「地域の健全な水循環・水環境の保全に向けて」

[内容]
地域の発展に伴う水環境問題の解決のためには、限りある水資源の有効利用、各種汚染源からの負荷量の削減が重要となります。そのためには、地域住民の水環境への深い理解と問題解決に向けた協力が必要不可欠です。そこで、流域内における水・物質循環や水質の汚濁機構について説明するとともに、地域水環境問題に関する改善策や地域活動の事例を紹介します。
高校生を対象
とした授業
[題目]
「海、川、池の環境問題」

[内容]
現在、私たちは多くの環境悪化の問題を抱えています。このうち、海、川、池などの水環境悪化の問題は、水生生物の減少を招くだけではなく、人間の活動にも大きなダメージを与えます。なぜなら、人間の日々の生活や、農業、工業にも水は必要不可欠だからです。身近にある海、川、池の環境問題について、簡単な水環境測定の実験・実演を交えながら、分かりやすく説明します。
小学生、中学生を対象
とした授業
[題目]
「なぜ水は汚れるの?」

[内容]
今、日本の海、川、池で、多くの水中の生物たちが絶滅の危機に瀕しています。これは、人間の活動によって、水が汚れたことが大きな原因の一つと考えられています。では、なぜ水は汚れてしまうのでしょうか。水が汚れるとはどういうことなのでしょうか。小中学生となじみのある水生生物と環境との関係を交えながら、水環境悪化の問題について分かりやすく説明します。
キーワード 水環境、水循環、水管理、環境アセスメント、水質