高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

教員情報(地域連携情報)

氏名

もりぐち かい

守口 海
自己紹介
所属学系部門 総合科学系 複合領域科学部門 研究者情報
メールアドレス 高知大学研究者総覧
ホームページ https://kfplab.wordpress.com/home/
研究紹介 ・単一林分における最適施業体系の立案手法の開発と応用
・長期・広域的な木材生産林ゾーニングと伐採・更新計画の手法開発・応用
・伐採計画における林木の機能-構造モデルの応用
・林分の生産力評価・予測手法
など
研究がこのように生かされています。
また、生かされることを期待しています。
世界的には森林減少が大きな問題になっている一方、日本では林業の採算性が低いために、間伐・主伐・更新が十分に行われないことが問題となっています。どちらの問題も、経済性、環境、資源の持続的確保、という3つの要因が絡み合っていると言えます。これらの要因を考慮した森林管理手法の開発・応用を目指して研究しています。
社会人を対象
とした講演
森林はどのように成長するか?
高校生を対象
とした授業
日本の林業の現状、森林の役割
小学生、中学生を対象
とした授業
森林の手入れの仕方
キーワード 森林、伐採、更新、最適化