高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

▶大学院

大学院トップページ
・農林海洋科学専攻
スペシャルコンテンツ
[新・農林海洋科学専攻の魅力編]

スペシャルコンテンツ
[高知から世界に貢献 環境適応編]

スペシャルコンテンツ
[微生物研究最前線]

スペシャルコンテンツ
[陸と海からの新提案!]

スペシャルコンテンツ
[新世代技術・維新!]

スペシャルコンテンツ[暖地農学編]
スペシャルコンテンツ
[山と川のフィールド編]

スペシャルサイト:旧農学部掲載コンテンツ
[大学院を知る旅に出かけよう!]

▶院生インタビュー
平成29年度
・紙の未来形"機能紙"を開発する
・海から最強プロモーター獲得
平成28年度
・紙の未来形"機能紙"を開発する
・セメント硬化の阻害要因を探る
平成27年度
・納豆成分の可能性を探る
・お酒の開発で地域産業を活性化
平成26年度
・豪雨・急傾斜地土砂移動を研究
・丸太打設で液状化を防ぐ新工法
平成23年度
・青枯病の起因遺伝子を解明
・海が持つ可能性を追い求めて
・薬用植物の効果を科学的に立証
平成22年度
・野菜や果物の研究
・美容の観点から香りを分析
・サゴヤシ研究を通じ海外と交流
▶就活インタビュー
平成26年度
・機械化促進で農業を楽にしたい
・夢だった日本酒酵母開発に挑戦
・黒潮圏総合科学専攻

大学院

大学院

総合人間自然科学研究科(修士課程・博士課程)

Graduate school of Integrated Arts and Science


農林海洋科学専攻

柔軟かつ密度の高いカリキュラムを実現した3コース

農林資源環境科学コース

暖地農学、森林科学、自然環境学、生産環境管理学に関する最先端の専門的知識と実践的技術を身に付け、海洋環境・資源に関する知見の応用も含めた広い視点で第1次産業を基盤とした地域の産業振興に貢献できる人材を育成します。

農芸化学コース

生物環境化学、動植物健康化学、微生物化学の基礎から先端的領域にわたる専門的知識・技術をベースに、化学的視点から生物生産を幅広く探究し、その成果を地域社会への貢献に結びつけられる能力を持った人材を育成します。

海洋資源科学コース

海洋生物生産学、海底資源環境学、海洋生命科学に関する最先端の知識と技術、解析手法を修得し、海洋資源の有効活用や、陸域環境・資源に関する知見の海洋科学への応用などを通じた諸課題の解決など、持続的社会の創造に資する人材を育成します。

自然豊かな高知ならではの時代を先取る大学院の学びをご紹介

多彩な分野にわたる個性的な研究現場が
ここにはあります。

学部の個性を形作るのは、まさにそこで日々繰り広げられている研究活動そのものです。 農林海洋科学専攻では、恵まれた研究フィールドの特性を活かしつつ、個性的な教員や大学院生がより深く充実した研究活動を行なっています。

新着記事

キーワード:バイオ・温暖化・園芸 Innovation fron KOCHI 環境適応編

バックナンバー

例えばこんな学びや研究が行われています

旧農学部サイト掲載コンテンツ

大学院を知る