高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

すずき やすし

鈴木 保志
自己紹介
生年 1965 地域連携情報
学系 自然科学系 高知大学研究者総覧
部門 農学部門
職名 教授
Tel 088-864-5137
Fax 088-864-5200
e-mail
ホームページ http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~ysuzuki/
学位 博士(農学)
専門分野 林業工学
研究課題 1.林業用架線、特にH型架線などの平面型架線
2.林道・作業道の計画・維持管理
3.間伐・集材作業の残存林分への影響(集材被害木の事後経過等)
4.木質バイオマス資源(林地残材)の収集・運搬システム
5.未利用広葉樹林の収穫と管理
卒論テーマとして
与えられる課題
森林利用学および林業工学に関する諸問題。具体的には、林道や作業道の計画や維持管理、森林作業システムの改善(生産性の向上と残存林分への影響緩和)、森林資源の収穫技術、木質バイオマス利用に関する技術的問題(主に収集・運搬)、未利用広葉樹林の収穫と管理など。
共同研究
できる課題
上記研究課題の他、森林の利用と管理に関する課題。(近年では竹林の有効利用、航空レーザーによる森林蓄積量の推定、などに参加しています。)
講演や相談
できる課題
講演: 林業用架線の力学的問題、木材および木質バイオマスの収穫と運搬、林道・作業道の配置理論
相談: 上記研究課題の全て
主な業績や
研究著書
[著書]
・鈴木保志:1.1 日本の森林・林業と森林土木学の歴史,第9章 橋梁,10.3 架空索の理論と設計(鈴木保志 編,有賀一広・岩岡正博・斎藤仁志・櫻井倫・鈴木秀典・鈴木保志・長谷川尚史・松本武・矢部和弘・吉岡拓如・吉村哲彦 著:森林土木学 (第2版).189pp,朝倉書店,東京).1~3,120~143,153~166.2021 [ISBN978-4-254-47058-1]
・鈴木保志:4.2 チッパ.(農業食糧工学ハンドブック.農業食料工学会 編,コロナ社,東京,1,108pp).1044~1045.2020 [ISBN 978-4-339-05267-1]
・鈴木保志:第9章 森林作業と路網とのつながり,第10章 路網計画,第11章 林道の構造,第12章 林道の設計,第13章 林道の施工・維持管理.(森林利用学.吉岡拓如・酒井秀夫・岩岡正博・松本武・山田容三・鈴木保志,丸善出版,東京,256pp). 133~211.2020 [ISBN 978-4-621-30500-3]

[研究論文]
・山﨑真・鈴木保志・後藤純一・渡辺直史:地形に適した作業システムの選択-高知県における流域別適用事例にもとづく検討-.森林利用学会誌 35:13~20.2021 [DOI: https://doi.org/10.18945/
jjfes.36.13]
・竹嶋一紗・鈴木保志・山﨑敏彦:架線系システムの間伐作業による残存木損傷の回復状況.森林利用学会誌 34:205~215.2019 [DOI: https://doi.org/10.18945/jjfes.34.205]
・Yoshimura, T. and Suzuki, Y.: Evaluating the precision and accuracy of low-cost Global Navigation Satellite System (GNSS) receivers beneath a forest canopy positioned in a crisscross arrangement. Journal of the Japan Forest Engineering Society 34:197-204. 2019 [DOI: http://doi.org/
10.18945/jjfes.34.197]
・Suzuki, Y., Kusaka, H., Yamaguchi, Y., Aoki, H., Hayata, Y. and Nagai, H. : Productivity of a harvesting operation for a small clear-cut block by direct grappling using a processor in the Kochi University Forest. International Journal of Forest Engineering 30:195-202. 2019 [DOI:https://doi.org/10.1080
/14942119.2019.1574122] [IF(2019): 1.386]
・鈴木保志・吉村哲彦:経費と環境負荷低減のための森林作業の定式化および林地残材運搬と広葉樹収穫のための基盤整備への適用.日本エネルギー学会誌 98:246~253.2019 [DOI:https://doi.org
/10.3775/jie.98.246 ]
・Suzuki, Y. and Yoshimura, T. : Assessment of broad-leaved stand management: Stock densities, thinning costs and profits over a 60-year rotation period. Croatian Journal of Forest Engineering 40:365-375. 2019 [DOI: https://doi.org/10.5552
/crojfe.2019.665 ] [IF(2019): 2.500]
・福田雄治・鈴木保志・大崎優・飯國芳明:木質バイオマス発電における広葉樹利用の検討-針葉樹との同時伐採方式の導入-.森林利用学会誌 34:47~56.2019 [DOI: https://doi.org/10.18945
/jjfes.34.47]
・鈴木保志・吉村哲彦・長谷川尚史:森林利用学における情報関連研究のこれまでとこれから-森林利用研究会誌および森林利用学会誌に掲載された成果を中心に-.森林利用学会誌 34:5~16.2019 [DOI: http://doi.org/10.18945/jjfes.34.5]
・山﨑真・山﨑敏彦・鈴木保志・三谷幸寛・森本正延・長澤佳暁:作業道の改良による伐出作業システムの生産性の向上と経費削減効果の検証.森林利用学会誌 33:25~35.2018 [DOI: https://doi.org/10.18945/jjfes.33.25]
・渡辺靖崇・鈴木保志・涌嶋智・坂田勉・東敏生:コウヨウザン人工林における表土移動量.日本森林学会誌 100:178~181.2018 [DOI: http://doi.org/10.4005/jjfs.100.178]
・鈴木保志・有賀一広・吉岡拓如・當山啓介・斎藤仁志・白澤紘明・山﨑真:高知県における木質バイオマス発電の現状と課題.日本森林学会誌 99:272~277.2017 [DOI: http://dx.doi.org/10.4005
/jjfs.99.272]
・鈴木保志・福田雄治・山岡雄一郎・稲井康秀:発電利用を想定した林地残材のトラック輸送における形態別容積比重と混載による充填効率向上の可能性の検討.日本エネルギー学会誌 96:436~440.2017 [DOI:http://doi.org/10.3775/jie.96.436 ]
・鈴木保志・杉尾真菜・山﨑敏彦・山﨑真・川久保宜幸・渡辺靖崇:林業用高強度合成繊維ロープの損傷程度と残存強度.森林利用学会誌 32:131~136.2017 [DOI: http://doi.org/10.18945
/jjfes.32.131]
・鈴木保志・山﨑真・渡辺直史・福田雄治:木質バイオマス事業への供給を想定した架線集材による広葉樹皆伐作業の生産性と収支.森林利用学会誌 31:85~91.2016 [DOI: http://doi.org/10.18945
/jjfes.31.85]
研究機器等  
特記事項  
キーワード 架線の力学、集材被害木、伐出経費、林業用架線、林道の排水施設、森林バイオマス