高知大学 農林海洋科学部 大学院 総合人間自然科学研究科農林海洋科学専攻

教員情報(研究者情報)

氏名

まつもと みか

松本 美香
自己紹介
生年 1976 地域連携情報
学系 自然科学系 高知大学研究者総覧
部門 農学部門
職名 講師
Tel 088-864-5145
Fax  
e-mail
ホームページ http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~matsumoto-mika/
学位 農学博士
専門分野 森林経営学、森林政策学
研究課題 持続可能な地域森林管理システムの構築
卒論テーマとして
与えられる課題
森林・林業の構造や中山間地域の振興に関すること。(当研究室では、卒論に意欲的に取り組めるよう、各学生の森林・林業や中山間地域に関する興味・関心事を原点として、学生自身に卒論テーマを設定してもらいます。)
共同研究
できる課題
持続可能な地域森林管理システムの構築に関すること
講演や相談
できる課題
環境型社会下における森林管理の大切さ、地域林業構造の現状について
主な業績や
研究著書
●第3部 里-グローバル化と地域文化の継承- 第8章 山村を未来へ継ぐ―高知県大豊町の過去と未来、市川昌広,松本美香、231-253p、「生態資源」山田勇編 赤嶺淳編 平田昌弘編、288pp、昭和堂、2018.5、ISBN:9784812217030
●第Ⅰ部 日本の分析 第4章 深刻化する森林管理問題の解決に向けた三つの方策、松本美香、63-81p、「土地所有権の空洞化 東アジアからの人口論的展望」飯國芳明編 程明修編 金蓁坤編 松本充郎編、348pp、ナカニシヤ出版、2018.3 ISBN:9784779512773
●第5章 モンスーン・アジアにおける土地所有権問題の展望、山本幸生・飯國芳明・松本美香、105-122p「地域資源活用による農村振興 条件不利地域を中心に」谷口憲治編著、552pp、農林統計出版、2014.7
●持続可能な森林経営のための施業シナリオ−森林資源予測モデルを用いた愛媛県久万町での検証−[松本美香・泉英二・藤原三夫、日本森林学会誌、89(1)、31-38、2007]
●物流と商流の分析による地域林業構造解析へのアプローチ—愛媛県久万町を対象として—[松本美香・泉英二・藤原三夫、林業経済研究、51(1)、89-99、2005]
●森林・林業に対する公的助成の地域経済波及効果の計測—愛媛県久万町を事例として—[伊藤(松本)美香・泉英二・藤原三夫、日本林学会誌、82(1)、 50-56、2000]
研究機器等  
特記事項  
キーワード 地域林業、森林管理、山村振興