前のページに戻る

小児科リサーチコース6年生の発表が、高知県小児科医会報に掲載されました

 高知大学医学部附属病院小児科リサーチコース所属の学生らによる活動が、「妊婦へのワクチン啓発の試み」として、高知県小児科医会報 第28巻(2015年9月)に掲載されました。
 これは、高知県の予防接種の接種率が全国平均を大きく下回っていることを受けて、ワクチン接種スケジュール開始前の妊婦さんに対し、ワクチン接種率向上を目的とした啓発活動を行ったもので、日本小児科学会 高知地方会で発表した内容をまとめたものです。

別冊表紙