前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

糖尿病について

 糖尿病とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度である血糖値が高い状態、すなわち「高血糖」が続く病気です。この高血糖に由来して全身に様々な障害、いわゆる「合併症」が引き起こされます。
 糖尿病と血糖値の関係については、私たちが食事で糖質をとると血液中のブドウ糖が増え血糖値が上昇し、膵臓から「インスリン」というホルモンが分泌され、ブドウ糖が筋肉などの細胞の中に取り込まれエネルギーとして利用されます。このインスリンの分泌や働きが不足すると血液中のブドウ糖を上手に処理することができず血糖値の高い状態が続くようになります。インスリンの分泌や働きが低下する原因や背景は一人一人異なり、その原因によって糖尿病のタイプが分けられます。主に1型糖尿病と2型糖尿病があり、1型糖尿病は何らかの原因で膵臓が壊されインスリンが作れなくなる糖尿病です。2型糖尿病は糖尿病になりやすい体質といった遺伝的な影響に加えて、食べ過ぎや運動不足などでインスリンの分泌や働きが低下し発症する糖尿病で、日本の糖尿病患者の95%以上は2型糖尿病です。
 糖尿病の症状としては、のどの渇き、水をよく飲む、尿の回数が増えるといった症状が代表的です。また、体のエネルギー源である糖が尿に出ることで、エネルギーの不足を補うために体のタンパク質や脂肪がエネルギー源として利用され体重が減ったり、疲れやすくなることもあります。しかし、これらの症状が出るのはかなり血糖値が高いか、すでに合併症が進んでいる場合であり、ほとんどは症状がないため、症状がなくても健診を受けて検査することが重要です。
 糖尿病に特徴的な細い血管の合併症として、目の合併症、腎臓の合併症、神経の合併症があります。特に目と腎臓の合併症は初期には自覚症状がないことが特徴で、進行すると失明や腎不全となり透析による治療が必要となることもあります。また、糖尿病があるとより進行しやすい太い血管の合併症として動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞、足病変があります。ただし、糖尿病を早期に発見し治療を行うことで合併症の予防、進行を遅らせることもできます。
 糖尿病の予防や治療の基本は食事療法と運動療法になります。バランスの良い食生活、運動療法は有酸素運動や筋力トレーニングが勧められ、適正な体重となるように心がけることが大切です。食事療法と運動療法を行っても血糖値が高いようであれば薬物療法が行われます。糖尿病について正しく理解し、予防や治療を行うことができれば、糖尿病は決して怖い病気ではありません。


◎ 著者プロフィール
氏名:天野 絵梨(アマノ エリ)
所属:高知大学医学部附属病院 内分泌代謝・腎臓内科、糖尿病センター
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る