前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

肺癌の個別化治療

 悪性新生物(癌)は日本人の死因の一番であり、その中でも肺癌は部位別がん死亡数1位という疾患です。しかしながら、1995年以降、部位別年齢調整死亡率は低下傾向が続いているます。これは肺がん治療が確実に進行し、特に薬物治療の目覚ましい進歩によるところが大きいと思われます。
 重要な転機は2002年にイレッサという薬剤が承認されたことに始まります。イレッサという内服薬は上皮成長因子レセプターチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)と呼ばれ、ある人には非常によく効果が出るが、ある人には全く効かないということが臨床試験において実証されました。この差は上皮成長因子レセプター(EGFR)に遺伝子変異があるかないかという違いにあり、具体的には癌細胞にEGFR遺伝子変異がある人にはイレッサがよく効き、EGFR遺伝子変異がない人にはイレッサは効きません。つまり、癌細胞の遺伝子変異の有無を調べることで薬剤が効きやすいかどうかが、治療前に分かるようになってきています。
 今までは肺がんと診断され手術や放射線治療の適応とならない場合は、組織型に応じて違いはあるものの、一般的な抗がん剤治療を行ってきました。これは年齢、性別、基礎疾患によらない均一な治療といえます。しかし、最近はEGFR遺伝子変異以外にもALK転座、ROS1転座、BRAF変異など様々な遺伝子変異が見つかり、またそれらに対応する薬剤の承認もされており、患者さん毎に使い分けるようになってきました。これらの治療が「がんゲノム治療」や「癌の個別化治療」と呼ばれています。
 最近は複数の遺伝子変異を同時に効率よく検査するために、次世代シークエンサーを用いた遺伝子パネル検査への期待も高まっています。これは患者さんから採取した癌細胞の遺伝子検査を網羅的に行い、遺伝子異常情報などを実際の治療に反映させることを目的としたもので、現在、保険収載された遺伝子パネル検査は3種類あります。これらの遺伝子検査により、患者さんごとに最適な治療を届けられるようになってきており個別化医療が進んできています。一方で、遺伝子パネル検査は多くの腫瘍検体の量が必要であったり、費用が高額である事、検査結果の報告までに時間がかかったりするというデメリットもあります。また、すべての遺伝子パネル検査が保険適応になるわけではないので、患者さんの疾患や病状に応じて各主治医との相談が必要です。
 高知大学医学部附属病院でも個別化治療を行っており、患者さん毎に最適な治療を行う選択をしています。


◎ 著者プロフィール
氏名:髙松 和史(タカマツ カズフミ)
所属:高知大学医学部附属病院 呼吸器・アレルギー内科
役職:助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る