前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

赤ちゃんと母乳とくすり

 母乳は完全栄養食であり、母乳育児にはメリットがあります。母乳と人工乳に関する研究では、赤ちゃんが飲む母乳の量が増えると、赤ちゃんの中耳炎や風邪、胃腸炎、喘息、アトピー性皮膚炎などの頻度が減り、将来の糖尿病や肥満のリスクを下げるといわれています。お母さんには、産後の出血の減少やメタボリック症候群の発症率が下がるという報告があります。

 しかし、薬を飲むことで授乳を不安に思う方もおられると思います。母乳中に移行しやすい薬は、血液中のタンパク質に結合しにくい小さな分子のもの、塩基性のもの、油に親和性のあるものです。これらの特徴をふまえて、薬にはM/P比(母乳と血漿の中の薬剤濃度比)という指標があります。M/P比が1を超えると、お母さんの血液より母乳中の薬の濃度が高いことを表します。大半の薬が1未満ですが、いくつかの薬は注意が必要です。

 てんかん治療薬の一部では、赤ちゃんの母乳摂取量によっては、実際の治療量に近づく可能性が高い薬があり、別の薬に変えてもらう必要があるかもしれません。放射性アイソトープは造影剤として診断や治療目的で使われる薬ですが、被曝の可能性があり、授乳中断期間が設けられます。抗癌剤は一般的には母乳育児が難しいですが、使用期間によっては一時的な中断で良い場合があります。睡眠導入剤は、赤ちゃんの観察は必要ですが、基本的には授乳可能です。作用時間が短いものを選んでもらいましょう。抗うつ薬など精神科に関わる薬でも、授乳可能な薬があります。複数の薬を内服中の場合は、中止が望ましいこともあります。

 いずれの場合も、育児においてはお母さんの体調が安定していることの方がメリットになるので、相談しながら内服調節をしてもらいましょう。

 よく使われる薬として、解熱鎮痛薬、抗菌薬、抗アレルギー薬があります。通常、解熱鎮痛薬が母乳中に移行する量はわずかであり、使用は問題ありません。抗菌薬は母乳中に少量分泌されますが、赤ちゃんへの影響は少ないとされています。可能なら、こどもにも使える抗菌薬を処方してもらいましょう。抗アレルギー剤は、昔使われていた第一世代の薬は赤ちゃんが眠りがちになることがあるので、第二世代以降の薬を処方してもらいましょう。

 慢性疾患で定期内服をしている方でも、ほとんどの方が授乳可能です。当院には妊娠と薬外来があり、こちらに相談していただくこともできます。


◎ 著者プロフィール
氏名:三浦 紀子(ミウラ ノリコ)
所属:高知大学医学部附属病院 小児科
役職:特任助教

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る