前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

体にやさしい放射線治療

 放射線治療は「がん治療の3本柱」の一つとよく言われますが、他の2つの柱である手術や薬物療法と比べるとまだまだ馴染みが薄いと思います。欧米では全がん患者さんの約6割が全治療期間を通じて放射線治療を受けていますが、日本では25%程度というデータもあり、まだまだ放射線治療ががん治療の一つとして有効活用されているとは言えない状況です。一人でも多くの患者さんに放射線治療の良さを理解してもらい、放射線治療をより認知してもらえればと思います。

 放射線治療の最大の利点は「切らずに治す」ことで臓器の機能を温存できる点です。早期であれば喉のがん、子宮頸がん、前立腺がん、食道がんも放射線治療を第一選択として選んでいただくこともできます。また、ご高齢や合併症のため手術ができない肺がんや肝臓がん等の患者さんに対しても、放射線治療は手術に匹敵する効果が得られます。最近の治療機器の進化に伴い、高精度放射線治療が日常的に実施可能となったことがこれらを可能としています。定位放射線治療(ピンポイント照射)は文字通り小型の肺・肝腫瘍をミリ単位で狙い撃ちする治療で、4日ほどの外来通院で終わります。痛くもなく、副作用も最小限ですみます。強度変調放射線治療(IMRT:アイエムアールティー)はコンピュータの助けを借りて正常臓器の線量を抑えつつ腫瘍に放射線を集中して照射できる照射法で、治療成績の向上や合併症の軽減が期待できます。いずれの方法も当院では日常的に行っています。

 また、放射線治療においては、根治的な照射だけでなく、がんによる症状緩和目的の照射(緩和治療)も重要な役割の一つです。痛みや麻痺を伴う骨転移など、がんにより引き起こされる様々な症状に対応し、これを緩和することが可能です。

 最後に、最近の話題を一つ。アブスコパル効果という言葉をご存じでしょうか?これは放射線治療を行った際に、照射部位以外の腫瘍がなぜか縮小してしまう現象です。その頻度はまれでしたが、最近の免疫チェックポイント阻害薬と放射線治療を併用することで、この現象を頻繁に認めるようになりました。これにより、もともと根治困難とされた遠隔転移のある患者さんにおいても、転移巣への放射線治療を加えることで根治ないしは長期生存も可能な時代になりつつあります。

 以上のように、がん治療の様々な場面で、放射線治療を選択肢の一つとして考えてもらえればうれしい限りです。


◎ 著者プロフィール
氏名:木村 智樹(キムラ トモキ)
所属:高知大学医学部附属病院 放射線治療科
役職:教授

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る