前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

病院で処方される麻薬について

 がん患者さんが感じる痛みには、がんの症状としての痛み、抗がん剤や放射線といったがん治療にともなう痛みなどがあります。がんの進行や治療の継続とともに強くなっていくことがあり、病院ではこれらの痛みにたいして痛み止めとして麻薬を使用します。
 病院で使用する麻薬にはモルヒネなどがあり、医療用麻薬として法律で指定されています。正しく使用すれば、安全に患者さんの痛みを抑え、日々を過ごすための助けとなります。一方で、医療用麻薬に対して「寿命を縮める」「最後の手段」「中毒になる」「精神的におかしくなる」「だんだん効かなくなる」といった印象をもっている方は多くいます。
 これらの印象は誤解や誇張されたものです。世界中の調査によって麻薬を使用したかどうかで余命は変わらないことが判っており、現在では、がん患者さんが痛みを感じずに日常生活を過ごすことができるよう、痛みが強くなり始めた時から麻薬を使い始めます。また、痛み止めとしての適切な使用であれば中毒や精神症状はおきません。麻薬では「だんだん効かなくなる」ということは起こりにくく、もし起きたとしても麻薬の種類を変えるなどで対応が可能です。
 がん患者さんの感じる痛みには、持続痛といわれる1日中続くものと、突発痛といわれるふいに感じる強い痛みがあります。持続痛に対しては、効果が長く続く麻薬を使用します。毎日決まった時間に使ったり、貼り替えたりします。突発痛に対しては効果が速く現れる麻薬を使用します。痛み始めた時に錠剤や粉薬、坐薬を使い、1時間程経っても痛みが治まらないときは追加で使うことができます。
 麻薬の副作用には便秘、吐き気、眠気などがあり、それぞれの症状に対応した薬が追加されます。眠気はふいに現れることもあるため、麻薬を使用している間は車などの運転はできませんのでご注意ください。
 がん患者さんには、身体の痛みの他に、呼吸が苦しい、食欲が落ちる、眠れない、不安や抑うつ感といった様々な症状が起こりえます。患者さんが麻薬への不安感からその使用をためらって痛みを我慢することや、痛みがとれても眠気などの副作用で何もできない日が続くようなことがないよう、病院や薬局は、注意や対応をしています。がん患者さん自身や周りの方も、麻薬を使うことへの不安感や使い始めてから困ったことがあれば、遠慮せずに病院や薬局に相談するようにしてください。


◎ 著者プロフィール
氏名:岡崎 雅史(オカザキ マサフミ)
所属:高知大学医学部附属病院 薬剤部
役職:薬務室長

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る