「動物分類学」のページへ戻る (更新日 2017/04/28)

新種記載した魚(上)と日本初記録あるいは外国産で標準和名を提唱した魚(中, 下)を紹介します(遠藤)

*20新種,標準和名の提唱は48種(うち日本産36種)


MZB 23338 (formerly BSKU 16695), female, 121 mm HL, 457+ mm TL, 東インド洋,チモール海,水深610-690 m,白鳳丸(KT-72-01),1972年6月18日.

20) Coelorinchus okamurai Nakayama and Endo, 2017 和名なし(タラ目ソコダラ科)

Nakayama, N. and H. Endo. 2017. A new grenadier genus Coelorinchus (Actinopterygii: Gadiformes: Macrouridae) from the Timor Sea, Eastern Indian Ocean. Ichthyological Research DOI 10.1007/s10228-017-0585-4 (電子出版:2017年4月22日)


NSMT-P 78018, paratype, 73.7 mm HL, 365+ mm TL, 福島県小名浜沖, 水深 2948–2991 m, 蒼鷹丸,2007年8月2日.

19) Coryphaenoides soyoae Nakayama and Endo, 2016 クロヒゲ(タラ目ソコダラ科)

Nakayama, N. and H. Endo. 2016. A new species of the grenadier genus Coryphaenoides (Actinopterygii: Gadiformes: Macrouridae) from Japan and a range extension of Coryphaenoides rudis Günther 1878 in the northwestern Pacific. Ichthyological Research DOI 10.1007/s10228-016-0524-9 (電子出版:2016年4月26日)

蒼鷹丸(そうようまる) 国立研究開発法人水産研究・教育機構のページより

船を「彼女」 と呼ぶ理由.海運雑学ゼミナール.JSA一般社団法人日本船主協会のページより




18) Owstonia kamoharai Endo, Liao and Matsuura, 2015 オオソコアマダイ(スズキ目アカタチ科)
ホロタイプ: NSMT-P 109686, 392 mm SL(上),パラタイプ: BSKU 42457, 375 mm SL(下),
(C)日本魚類学会.*下記の論文に使用したので,写真の版権は日本魚類学会にあり,許可を得て掲載しています.

Endo, H., Y.-C. Liao and K. Matsuura. 2015.
Owstonia kamoharai (Perciformes: Cepolidae), a new bandfish from Japan.
Ichthyological Research, 63(1): 31-38, 2016 DOI 10.1007/s10228-015-0468-5 (電子出版:2015年4月18日)
2016年4月 今月の魚 



17) Hymenocephalus yamasakiorum Nakayama, Endo and Schwarzhans, 2015 オグロスジダラ(タラ目ソコダラ科)

Nakayama, N., H. Endo and W. Schwarzhans. 2015.
A new grenadier of the genus Hymenocephalus from Tosa Bay, southern Japan.
Ichthyological Research DOI 10.1007/s10228-015-0464-9 (published online: 22 March 2015)

 本種は2014年4月8日に土佐湾内の安芸市沖水深320-400mで,高知市御畳瀬漁協所属の幸成丸(大手繰り網=沖合底びき網)により採集された1標本に基づき記載されました.スジダラ属はソコダラ科内では,最も小型のグループで,壊れやすく軟らかい頭部と体をもつため,採集時にはほとんどの標本が壊れてしまいます.本種は鬚が極めて長い(頭長の55%),眼径が頭長の33%,両眼間隔幅が頭長の24%,上顎長が頭長の51%,第1背鰭(II, 10)や胸鰭(i16-i17),腹鰭(9)の鰭条数,尾部背側の後半が黒色,吻や耳石の形などで,同属の他種と識別できます.



16) Sebastapistes perplexa Motomura, Aizawa and Endo, 2014 アカマダラフサカサゴ(スズキ目フサカサゴ科)

Motomura, H., M. Aizawa and H. Endo. 2014.
Sebastapistes perplexa, a new species of scorpionfish (Teleostei: Scorpaenidae) from Japan.
Species Diversity, 19: 133-139. (25 November)

 本種は房総半島,伊豆半島,伊豆諸島,そして高知県沖の島沿岸の水深2–48 mから採集された43標本に基づいて記載されました.高知県沖の島産の6標本がパラタイプに指定されています(BSKUとNSMT登録がそれぞれ3標本).本種のタイプシリーズの最大体長は 50.7 mm ですが,高知県沖の島から得られた雌の体長 24.9 mm の標本(BSKU 91169)では,すでによく発達した卵をもち,採集時には数個の卵がこぼれ落ちる程でした.このことは,本種がフサカサゴ科魚類の小型種であることを裏付けます.これまで本種は小型種ゆえにフサカサゴ属 Scorpaenaやネッタイフサカサゴ属 Parascorpaena,マダラフサカサゴ Sebastapistes strongia (Cuvier in Cuvier and Valenciennes, 1829) の幼魚や若魚と混同されていました.本種の学名の種小名 "perplexa"は,"confused 混乱した" を意味するラテン語であり,他種と誤って認識されてきた分類学的な混乱に因みます.さらに,本種は伊豆半島,八丈島,そして和歌山県串本では,ダイバーに撮影されており,神奈川県立生命の星・地球博物館の魚類写真データベースには48枚の水中写真が登録されています.標本と写真の産地から,本種は温帯性の日本固有種であり,高知県西南端から房総半島沿岸までの南日本の太平洋岸に分布し,岩礁あるいは砂まじりの岩礁域に生息しています.
 本種はマダラフサカサゴに類似しますが,眼下の涙骨に1棘のみをもつこと(vs. マダラフサカサゴでは2棘か,稀に3棘),胸鰭の鰭条数の最頻値が14本(vs. 15本),主鰓蓋骨上縁付近の不明瞭な黒斑がない(vs ある),下鰓蓋骨や胸鰭基底に黒斑がある(vs. ない),そして鱗の計数形質の多くの変異幅が少ない方へずれることなどで識別できます.



15) Neoepinnula minetomai Nakayama, Kimura and Endo, 2014 エラブスミヤキ(スズキ目クロタチカマス科)

Nakayama, N., Y. Kimura and H. Endo. 2014.
Neoepinnula minetomai, a new species of sackfish from off Kuchierabu-jima Island, southern Japan (Actinopterygii: Gempylidae).
Ichthyological Research DOI 10.1007/s10228-014-0446-3 (published online: 7 November 2014)

 2014年1月14日に本研究室OBで広島大学大学院の木村祐貴氏(第2著者)は,自身の研究フィールドである鹿児島県口永良部島沖の水深およそ380-420 mからクロタチカマス科の2標本を釣獲しました.これら2標本は同一種で,側線の特徴から Neoepinnula Matsubara and Iwai, 1952 トウヨウカマス属に分類され,本属の既知種2種,N. orientalis (Gilchrist and von Bonde, 1924) トウヨウカマス と N. americana (Gray, 1953) とは,眼窩径が著しく大きいこと,下顎先端部に発達した犬歯状歯を欠くこと,前方の側線の一部が主鰓蓋骨下に隠れること,そして頭長や吻長,下顎長,尾鰭長などの多くの計測形質で明瞭に異なる新種と判明しました.学名は口永良部島の漁師で採集協力者の峯苫 健氏に献名し,和名は口永良部島の愛称“エラブ”と体色が黒いことに因んだクロタチカマス科魚類の和名のひとつの“スミヤキ”を合わせたものです.



14) Suttonia coccinea Endo and Kenmotsu, 2013 クレナイトゲメギス(スズキ目ハタ科)

Endo, H. and K. Kenmotsu. 2013.
Suttonia coccinea, a new grammistin fish from Japan (Acanthopterygii: Serranidae).
Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement 7): 11–18. (22 March)


*和名の“紅(くれない)”と同様に学名(種小名)“coccinea”も“深紅”の意味です.日本ではトゲメギスに最も似ており,この和名となりました.属名“Suttonia”は,シーラカンスの研究で有名な南アフリカの J.L.B. スミス博士が,標本採集者のサットン氏に因んで付けたものです.

 深紅の体色が鮮やかなクレナイトゲメギスは,ハタ科のヌノサラシに近い仲間です.2010年7月に高知県沖の島久保浦の水深16mで採集した全長8 cmの1標本をもとに,今年3月に出版された国立科学博物館の新種記載プロジェクト論文集の中で,学名と和名が付きました(Endo and Kenmotsu, 2013).また,日本初記録のSuttoniaには属の和名がなかったため,クレナイトゲメギス属となりました.現在,この写真の個体のみが知られています.ハタ科は64属480種以上を含み,熱帯から温帯の浅海から沖合まで生息しています.ハタ科には巨大なタマカイのような種もいますが,多くはハナダイの仲間など小型の種が占めています.クレナイトゲメギス属は10 cmに満たない小型のグループで,西部インド洋に分布する S. suttoni Smith,1953と東部インド洋から中部太平洋にかけて広く分布する S. lineata Gosline,1960の2種のみが知られていました.本属は体色が一様に赤色で,顎の先から背びれまで1本の白線をもち,前の鼻管が長いなどの特徴で,他のハタ科の属とは容易に識別できます.また,本属は他のヌノサラシ族とは異なり,体表には粘液毒の“グラミスチン”を分泌する細胞が無いようです. 本属の種は岩の下や裂け目の奥深くの暗い環境を好むようで,探し出すことは難しいかもしれません.

(月刊ダイバー2013年6月号に執筆したもの)



13) Hoplichthys mimaseanus Nagano, Endo and Yabe, 2013 ミマセハリゴチ(スズキ目ハリゴチ科)

Nagano, Y., H. Endo and M. Yabe. 2013.
Hoplichthys mimaseanus, a new ghost flathead from East Asia and western Australia (Teleostei: Hoplichthyidae).
Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement 7): 1–9. (22 March)



12) Opistognathus trimaculatus Hiramatsu and Endo, 2013 ヤイトアゴアマダイ(スズキ目アゴアマダイ科)

Hiramatsu, W. and H. Endo. 2013.
Opistognathus trimaculatus, a new jawfish (Teleostei: Opistognathidae) from Tosa Bay, Japan.
Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement 7): 19–23. (22 March)




11) Trichonotus somaliensis Katayama, Motomura and Endo, 2012(スズキ目ベラギンポ科)

Katayama, E., H. Motomura and H. Endo. 2012.
A new species of Trichonotus (Perciformes: Trichonotidae) from Somalia and redescription of Trichonotus cyclograptus (Alcock, 1890) with designation of a lectotype. Zootaxa
3565: 31-43.



10) Nezumia shinoharai Nakayama and Endo, 2012 シノハラヒゲ(タラ目ソコダラ科)

Nakayama, N. and H. Endo. 2012.
A new grenadier of the genus Nezumia (Pisces: Gadiformes: Macrouridae) from southern Japan.
Zootaxa 3410: 61-68.
(6 August)



9) Glossanodon microcephalus Endo and Nashida, 2012 ツマリニギス(ニギス目ニギス科)

Endo, H. and K. Nashida. 2012.
Glossanodon microcephalus, a new argentine fish from Japan and the South China Sea (Protacanthopterygii: Argentinidae)
Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement 6): 17–26. (30 March)




8) Scolecenchelys fuscapenis McCosker, Ide and Endo, 2012 ツマグロミミズアナゴ(ウナギ目ウミヘビ科)

McCosker, J.E., S. Ide and H. Endo. 2012.
Three new species of ophichthid eels (Anguilliformes: Ophichthidae) from Japan

Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement 6):
1–16. (30 March)



7) Opichthus machidai McCosker, Ide and Endo, 2012 マチダウミヘビ(ウナギ目ウミヘビ科)

McCosker, J.E., S. Ide and H. Endo. 2012.
Three new species of ophichthid eels (Anguilliformes: Ophichthidae) from Japan

Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement 6):
1–16. (30 March)



6) Opichthus obtusus McCosker, Ide and Endo, 2012 シシガシラウミヘビ(ウナギ目ウミヘビ科)

McCosker, J.E., S. Ide and H. Endo. 2012.
Three new species of ophichthid eels (Anguilliformes: Ophichthidae) from Japan

Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement 6):
1–16. (30 March)



5) Glossanodon kotakamaru Endo and Nashida, 2010 コタカニギス(ニギス目ニギス科)

Endo, H. and K. Nashida. 2010.
Glossanodon kotakamaru, a new argentine fish from southern Japan (Protacanthopterygii: Argentinidae)
Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement 4): 119–127. (29 March)




4) Halicmetus niger Ho, Endo and Sakamaki, 2008 クスミアカフウリュウウオ(アンコウ目アカグツ科)

Ho, H.-C., H. Endo and K. Sakamaki. 2008.
A new species of Halicmetus (Lophiiformes: Ogcocephalidae) from the western Pacific, with comments on congeners
Zoological Studies, 47(6): 767-773.




3) Cynoglossus ochiai Yokogawa, Endo and Sakaji, 2008 オキゲンコ(カレイ目ウシノシタ科)

Yokogawa, K., H. Endo and H. Sakaji. 2008.
Cynoglossus ochiaii, a new tongue sole from Japan (Pleuronectiformes: Cynoglossidae)
Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement 2): 115-127.



2) Priolepis winterbottomi Nogawa and Endo, 2007 サクライレズミハゼ(スズキ目ハゼ科)

Nogawa, Y. and H. Endo. 2007.
A new species of the genus Priolepis (Perciformes: Gobiidae) from Tosa Bay, Japan.
Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series A (Zoology) (Supplement1): 153-161.


1) Coelophrys bradburyae Endo and Shinohara, 1999 ワカタカユメソコグツ(アンコウ目アカグツ科)
*写真提供:篠原現人(国立科学博物館動物研究部)

Endo, H. and G. Shinohara. 1999.
A new batfish, Coelophrys bradburyae (Lophiiformes: Ogcocephalidae) from Japan, with comments on the evolutionary relationships of the genus. Ichthyological Research, 46(4): 359-365.


日本初記録として報告した種(現在18種)


ダイコクヒゲ Coryphaenoides rudis Gunther, 1878
HUMZ 72029, 248 mm HL, 1079 mm TL, 南鳥島西方, 水深 1100–1160 m, 1977 年10月10日.


クロソデイタチウオ Epetriodus freddyi, 184 mm SL, 1999年12月16日に日向灘で行った淡青丸の深海底びき網調査で採集,水深1,501-1,516 m(写真は船上で撮影(遠藤広光),エタノール液浸標本の写真はこちら(全体頭部).

18) Parapercis fuscolineata Fourmanoir, 1985 クロオビトラギス(スズキ目トラギス科)* Nakayama, Ohkawa and Endo (2016)

17) Coryphaenoides rudis Günther, 1878 ダイコクヒゲ(タラ目ソコダラ科) *Nakayama and Endo (2016)

16) Conocara kreftti Sazonov, 1997 ヤジリイワシ(ニギス目セキトリイワシ科) *煬ゥ・遠藤・福井(2016)

15) Odontomacrurus murrayi Norman, 1939 クロボウズダラ(タラ目ソコダラ科) * Nakayama, Endo and Uchikawa (2015)

14) Epetriodus freddyi Cohen and Nielsen, 1978 クロソデイタチウオ(アシロ目アシロ科) * Ohashi and Endo (2015)

13) Engyprosopon macrolepis (Reagan, 1908) ホシゾラダルマガレイ(カレイ目ダルマガレイ科) *Katayama, Endo and Yamakawa (2012)

12) Parapercis lutevittata Liao, Cheng and Shao, 2011 アマノガワクラカケトラギス(スズキ目トラギス科) * 荻原・遠藤(2011)

11) Squatina formosa Shen and Ting, 1972 タイワンコロザメ(カスザメ目カスザメ科) * Kriwet, Endo and Stelbrink (2010)

10) Enneapterygius leucopunctatus Shen, 1994 ハクテンヘビギンポ(スズキ目ヘビギンポ科) *Endo, Katayama, Miyake and Watase (2010)

9) Merluccius productus (Ayres, 1855) シロガネダラ(タラ目メルルーサ科) * 遠藤・北川(2006)

8) Samaris spinea Mihara and Amaoka, 2004 トゲハタタテガレイ(カレイ目ベロガレイ科) * 尼岡・遠藤・石黒(2004)

7) Halieutopsis bathyoreos Bradbury, 1988 ヒラムシフウリュウウオ(アンコウ目アカグツ科) * Shimazaki, Endo and Yabe (2004)

6) Dactyloptena tiltoni Eschmeyer, 1997 トンガリセミホウボウ(スズキ目セミホウボウ科) * Sato, Endo, Nakabo and Machida (2003)

5) Bathyonus caudalis (Garman, 1899) オザワアシロ(アシロ目アシロ科) *遠藤・町田・小野(2000)

4) Alcockia rostrata (Günther, 1887) リュウジンアシロ(アシロ目アシロ科) * Endo, Machida and Ohta (1998)

3) Coryphaenoides filifer (Gilbert, 1895) キタノソコダラ(タラ目ソコダラ科) * Endo, Tsutsui and Amaoka (1994)

2) Coryphaenoides yaquinae Iwamoto and Stein, 1974 シンカイヨロイダラ(タラ目ソコダラ科) * Endo and Okamura (1992)

1) Coryphaenoides armatus (Hector, 1875) ヨロイダラ(タラ目ソコダラ科) * Endo and Okamura (1992)


外国産で標準和名を提唱した種(現在12種) *遠洋漁業の関係者の便宜ため,調査で採集した標本を基に図鑑類で和名を付けます

遠藤広光(2016) カクレウオ科.Pp. 40-41. 松浦啓一・星野浩一,編.インド洋南西部公海海山域の魚類.国立研究開発法人水産総合研究センター開発調査センター,神奈川.(和文・英文併記)

12) Pyramodon punctatus (Regan, 1914) ミナミオニカクレウオ(アシロ目カクレウオ科)

遠藤広光(2009)サイウオ科,チゴダラ科.Pp. 158, 175-181. 仲谷一宏ほか,編.ペルー海域の深海魚類図鑑.日本トロール底魚協会・ペルー国立海洋研究所.(和文・英文・スペイン語併記)

11) Physiculus talarae Hildebrand and Barton, 1949 ペルーチゴダラ(タラ目チゴダラ科)

10) Physiculus rastrelliger Gilbert, 1890 ヒガシチゴダラ(タラ目チゴダラ科)

9) Physiculus nematops Gilbert, 1890 スミイロチゴダラ(タラ目チゴダラ科)

8) Laemonema gracillipes Garman, 1899 ヨリメイトヒキダラ(タラ目チゴダラ科)

7) Gadella filifer (Garman, 1899) イトヒキナガチゴダラ(タラ目チゴダラ科)

6) Bregmaceros bathymaster Jordan and Bollman, 1890 フカミサイウオ(タラ目サイウオ科)

遠藤広光(1995) タラ科.Pp. 109-122. 岡村収ほか,編.グリーンランド海域の水族 深海丸により採集された魚類・頭足類・甲殻類.海洋水産資源開発センター,東京.(和文・英文併記)

5) Phycis chesteri Goode and Bean, 1878 ヒレナガショッカクダラ(タラ目タラ科)

4) Gaidropsarus ensis (Reinhardt, 1837) モモイロヒゲダラ(タラ目タラ科)

3) Gaidropsarus argentatus (Reinhardt, 1837) ホッキョクヒゲダラ(タラ目タラ科)

2) Pollachius virens (Linnaeus, 1758) グリーンポラック(タラ目タラ科)

1) Arctogadus glacialis (Peters, 1874) コオリダラ(タラ目タラ科)


(C)BSKU Laboratory of Marine Biology, Faculty of Science, Kochi University