高校生・受験生向け受験生サイトの案内ボタンをぜひクリック!
農林海洋科学部改組のお知らせ
75周年ティザーサイト
高知大学かけるSDGSアクション
入試の公式YouTubeチャンネル
新型コロナウィルス学生支援ご寄付のお願い
SNS発信中!公式SNSのリストをチェック!
入試の公式YouTubeチャンネル
新型コロナウィルス学生支援ご寄付のお願い
SNS発信中!公式SNSのリストをチェック!
イベント
EVENTS
ニュース
NEWS
10月7日
◆本学剣道部の立花愛莉さんが、第61回全日本女子剣道選手権大会(皇后杯)において、高知県勢17年ぶりにベスト16入りを果たしました広報戦略室
10月6日
◆剣道部が、第69回中四国学生剣道優勝大会と第49回中四国女子学生剣道優勝大会において、ベスト4入りを決めました広報戦略室
10月6日
◆医学部薬理学講座の齊藤源顕教授が、LUTS Top Reviewer Award 2021を受賞しました広報戦略室
9月30日
◆大学院農林海洋科学専攻2年生吉田周生さんが、日本木材学会中国・四国支部第33回研究発表会において「研究発表賞(口頭部門)」を受賞しました広報戦略室
9月26日
◆大学院医学専攻(博士課程)4年生の中村里菜さんが、第34回バイオメディカル分析科学シンポジウムにおいて「星野賞 優秀発表賞」を受賞しました広報戦略室
9月22日
◆大学院生への経済的支援の拡充について広報戦略室
9月16日
◆大学院医学専攻(博士課程)4年生のZou Suoさんらの研究グループの研究成果が、国際誌Nitric Oxideに掲載されました広報戦略室
9月15日
◆「第56回アカデミアセミナー in 高知大学」のオンデマンド配信を始めました広報戦略室
9月9日
◆佐野栄紀特任教授らの研究チームの論文が「Journal of Cutaneous Immunology and Allergy」に掲載されました広報戦略室
9月8日
◆農林海洋科学部の改組のお知らせ広報戦略室

高知大学ピックアップ情報

PICK UP

学生一人ひとりに合ったキャンパスライフをサポート!学生総合支援センター
新しい学び、初めての経験に遭遇する大学生活は、時に、山あり谷あり。そんな困難や悩みを抱えた学生たちに寄り添い、支えているのが「学生総合支援センター」です。現在の取り組みやこれからについて紹介しましょう。
記事内容
  • 将来を見据えたキャリアマネジメント力を養う キャリア形成支援ユニット
  • 多様な学生のための学びの場を整備 インクルージョン支援推進室
  • 大学でまなぶための基本スキルをサポート 修学支援ユニット
海藻の未来を切り拓く!
日本で海藻が採れなくなっている?養殖で増やすことは可能?海藻研究における日本屈指の専門家、教育研究部門総合科学系の平岡雅規教授が解き明かします。
記事内容
  • アオノリの陸上養殖に日本で初めて成功!
  • 産学連携の共同研究でこれまでにない海藻養殖へ
  • バイオマスとしても海藻は利用できる!
日本の大学で学べるのは高知大学だけ⁉ローンボウルズの謎と魅力に迫る
スポーツ科学実技「ローンボウルズ」
ローンボウルズという競技、知っていますか?知る人ぞ知る、というよりも、知っている人がほとんどいない、超マイナーなスポーツ。高知大学ではこのローンボウルズの授業を、日本の大学で唯一、開講しています。どのような授業なのか、担当教員の川本真浩教授に話を聞きました。
記事内容
  • シェークスピア作品にも登場する人気スポーツ
  • 体力に自信がなくても上達できるのが魅力
  • 体育の授業なのに歴史や社会も学べる!
高知大学広報顕彰制度 優秀広報貢献賞受賞者紹介
高知大学広報顕彰制度とは、積極的な情報発信や創意工夫を凝らした取組を通じて、高知大学の広報活動をけん引する優れた活動を行った教職員等を学長が表彰し、広報マインドの醸成を図り、高知大学における広報活動の活性化と一層の発展に資することを目的としています。
記事内容
  • 技術職員が支える農林海洋科学部の広報活動 ― 今安 清光 室長
  •                   
  • 地域の人と手を取り合い絆を深める情報誌を発行 ― 玉里 恵美子 教授
  •                   
  • 基礎科学の面白さを国内外に向けて情報発信 ― 田島 裕之 特任助教
  •                   
  • 高難度外科手術に先端研究学会主催と大活躍 ― 花﨑 和弘 教授
世界初の日本酒分析方法を開発!
高知大学発の斬新な成分分析方法が、酒造りの常識を変えるかもしれません。考え出したのは、理工学部化学生命理工学科の小﨑講師。司牡丹酒造との共同研究で、令和3年度高知県産学官連携産業創出支援事業に採択されました。
記事内容
  • 日本酒の開発には数年を要するのが常識
  • 1つの分析方法で、主要な成分データがわかる!
  • わずか半年の開発期間で新しい日本酒が完成!
農林海洋科学部 DS/DXセミナー
農林海洋科学部では独自の研究を発信しようと、学内外に向けて「DS/DXセミナー」を開催しています。ヒグマの奇妙な食性や、フリーズドライ技術による牛の体外受精、3Dバイオプリンタなどテーマはじつに個性的!何を目指しているのか、プロデューサー的な立場の松川和嗣准教授に聞きました。
記事内容
  • 農林海洋科学部が推進する「DS/DX」を伝えたい
  • 「対面+オンライン」で、学内外に幅広く発信
  • 月に1~2回開催し、来年度も継続したい
上へのボタン