新型コロナウイルス感染拡大に伴う学生支援(高知大学さきがけ志金の募集)について

 本学では、コロナ禍で大きな影響を受けている学生を支援するため、6月5日に学長メッセージを発信し、「新型コロナウイルス感染拡大に伴う学生支援(高知大学さきがけ志金の募集)」のため、多くの皆様方にご協力をお願いしてまいりましたところ、早々に多数のお申し出を頂きました。皆様方からの温かいお気持ちとご支援に、心から御礼申し上げます。

 引き続き、学生たちが本学で学び続けることができるよう、大学としても最大限の支援を行ってまいります。今後とも高知大学への温かいご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 令和2年11月20日 募金趣意書

 令和2年6月5日 学長メッセージ

 

寄附の申込み

 

 本学では、コロナウイルス対策を含んだ幅広い学生支援のために「高知大学さきがけ志金」を活用して支援を継続的に行います。

 ※所得控除の対象です。

さきがけ志金

↑こちらをご覧ください


 また、「高知大学修学支援基金」では、経済的な理由で修学が困難な学生等に対し、奨学金等の支援を行います。
 ※所得控除または税額控除の対象です。

 修学支援基金

↑こちらをご覧ください

 

 

~学生の声~

○新型コロナウイルスに関する高知大生向けアンケート調査(令和2年5月7日~5月14日実施,回答者数345名)

 (作成・実施:高知大学地域協働学部4回生/協力:地域協働学部教員)集計結果報告より

【総括より抜粋】

・約4割の学生が経済的に困っている。

・アルバイトを解雇された学生は全員経済的に困っている。

・アルバイト収入が5万円以上減った学生が約2割になる。

・「食事に困っている人を対象にした物資の現物支給などの支援があれば受けたいか」との質問に「はい」と答えた学生が全体の約7割。

【自由記述より抜粋】

・食費に今まで通り割けない。

・光熱費や、交際費は減らせるだけ減らしたが、これ以上減らせない。もう、食費を削らざるを得ない。

・収入がまったく無くなり家賃に貯金をあてている為、食費を削っている。

 

学生を対象とする主な経済支援について

・高知大学緊急学生支援金制度の実施

・学生を対象とする食料支援の実施

・「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』事業

・新型コロナウイルス感染症により家計急変した場合の授業料免除(追加申請)

・令和2年度第1学期分授業料納付期限及び口座振替日の延期

・令和2年度第2学期分授業料納付期限及び口座振替日の延期

・令和2年度新入生全員に生協利用券の配布