プロジェクトについて

4次元統合黒潮圏資源学の創成プロジェクトは、海洋資源について1.沿岸域から沖合(1次元目)、2.黒潮流路(北赤道海流域-黒潮本流域-続流域)(2次元目)および3.水深(3次元目)という3つの次元で多角的な解析を進めるとともに、4.過去から現在の様々な時間スケール(4次元目)を加えた4つの基軸で理解しようとする点が最大の特徴です。海洋基本計画における12の主要政策のうち、高知大学が得意とする「海洋資源の開発及び利用の推進」、「海洋環境の保全等」、「沿岸域の総合的管理」および「海洋に関する国民の理解の増進と人材育成」の4分野に焦点を絞り、以下に示した研究や教育を推進します。

プロジェクトの目的

①黒潮県資源研究の推進②総合的海洋資源管理の体系化③総合的海洋管理人材の育成 ①黒潮県資源研究の推進②総合的海洋資源管理の体系化③総合的海洋管理人材の育成

ごあいさつ

高知大学は黒潮の恵みを受ける地理的環境の地に設置されており、海に関わる研究を推進して参りました。なかんずく、海洋コア総合研究センターは世界三大コアセンターである高知コアセンターに併設され、全国共同利用共同研究拠点として、世界の海洋コア研究をリードしております。
海洋に関する研究は、本学の第3期中間目標の要であり4本柱の中心に据えております。本年度スタートの「4次元統合黒潮圏資源学の創成」プロジェクトは、黒潮圏域の海洋資源の利活用に関する研究、総合的海洋管理学の創出や黒潮圏諸国をはじめ学内外の海洋人材育成を推進するものです。最大の特徴は黒潮圏域を三次元的に研究するだけではなく、横串に時間軸を入れた極めて独創的かつ21世紀の研究のひな形となすべき本学の挑戦でもあります。
本プロジェクトが、海洋立国を目指すわが国における国際的な海洋研究や黒潮圏域の文理統合型海洋人材育成の拠点として、大きく羽ばたくことを期待しています。

高知大学 学長 脇口 宏

わが国は、国土面積の約12倍、世界第6番目の面積を誇る広大な排他的経済水域(EEZ)を有しています。このEEZは多種多様な資源が未利用の状態で存在する可能性を秘めた最後の資源フロンティアです。EEZの管理は当該国に託されており、わが国では平成25年に改定された海洋基本計画において海洋の持続可能な開発及び利用を推進するのみならず、海洋環境の保全との調和を図ることを謳っています。
高知県南方に広がる西太平洋には、西岸境界流の代表である黒潮が流れており、多様な海洋資源を育んでいます。特に高知県は海洋資源のみならず気候や文化等へ黒潮から多大な恩恵を被っており、本学は様々な海洋政策の研究や推進に最適な立地と言えます。
高知大学第3期中期目標で特色として掲げられている「海洋に関する異分野融合研究や学際的教育」の推進の一環として、平成28年度から平成33年度までの6ヶ年度にわたり「4次元統合黒潮圏資源学創成」を実施することになりました。

海洋コア総合研究センター 徳山 英一

「4次元統合黒潮圏資源学」とは

黒潮圏を舞台にした統合型「海洋資源学」の創成

「4次元統合黒潮圏資源学」とは
  • 1次元:高知沖(沿岸~沖合)
  • 2次元:黒潮流軸&続流域
  • 3次元:水深

高知沖における様々な時間スケールで黒潮圏海洋資源を知る。4次元:時間スケール過去から現在の様々な時間スケールの海洋資源を知り、使い、維持管理する。そして、将来の資源動態の予測をおこなう。

NEWSLETTER

プロジェクトの研究内容や実施事業の活動報告をまとめた冊子です。

2017 Vol.1(2016年度)

PDFダウンロード