博学連携調査展示「文殊の御寺 竹林寺展 ~古文書と書画を中心に~」(3月14日~6月2日)

2014年5月13日

 土佐山内家宝物資料館で開催れている特設展示「文殊の御寺 竹林寺展 ~古文書と書画を中心に~」において、総合教育センターと山内家資料館が連携して行った室町時代の涅槃図や、二代藩主山内忠義夫人(徳川家康養女)・阿姫が寄進した阿弥陀如来立像等の科学調査の成果を紹介しています。

 本連携は、本学の学芸員養成課程の受講学生と山内家資料館との連携教育プログラムの一部であり、博学連携の初年度として相応しい調査研究の成果が得られた事業です。

 

 【 日 時 】 平成26年3月14日(金) ~ 6月2日(月)

 【 場 所 】 土佐山内家宝物資料館(高知県高知市鷹匠町2-4-26)

 

 

 土佐山内家宝物資料館ホームページ(外部ページにリンクします)

 

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

イベント

イベント3
AED設置場所