黒潮圏セミナー「シカの順応的管理と鳥獣保護管理法の考え方」

2015年3月13日

 黒潮圏科学部門では、横浜国立大学教授 松田裕之先生を講師としてお招きし、黒潮圏セミナー「シカの順応的管理と鳥獣保護管理法の考え方」を開催します。

 ニホンジカはかつて激減し、全国的に保護されていました。1990年代になって今度は増えすぎが問題となり、大量捕獲が始まりました。保護か管理かをめぐり、全国で論争が巻き起こりました。1998年から始まった北海道の道東地区エゾシカ保護管理計画はその先例となり、アジア初の順応的管理の適用事例といわれ、鳥獣保護法の特定鳥獣保護管理計画の先駆例となりました。これは国際捕鯨委員会で提案された改定管理方式をモデルとしたものです。その後、知床世界遺産地域の最奥部である知床岬でも大量捕獲が実施されています。水産学で培われた順応的管理が保護と管理を使い分ける今日の鳥獣保護管理法にどう生かされているかを紹介します。

 多くの皆様のご来場をお待ちしております。

  

 【 日 時 】 平成27年3月13日(金) 10:00~11:30

 【 場 所 】 朝倉キャンパス 人文学部棟5階 第1会議室

 

 

黒潮圏セミナー「シカの順応的管理と鳥獣保護管理法の考え方」

 

黒潮圏セミナー「シカの順応的管理と鳥獣保護管理法の考え方」(624KBytes)

  

 問合せ先 : 黒潮圏科学部門  大島俊一郎

       TEL : 088-864-5214

       E-mail : s-oshima●kochi-u.ac.jp ("●"を"@"に変えて送ってください。)

   ※不在の場合は黒潮圏事務室まで       

      黒潮圏事務室  

         TEL : 088-864-5786 

          E-mail : km03●kochi-u.ac.jp ("●"を"@"に変えて送ってください。)

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

イベント

イベント3
AED設置場所