COC+事業「まち・ひと・しごと創生 高知イノベーションシステム」平成28年度土佐FBCグローカルプログラム報告会

2016年9月30日

  高知大学地域連携推進センターでは、文部科学省が進める「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の実施機関として、「まち・ひと・しごと創生 高知イノベーションシステム」を展開しており、企業の海外販路開拓支援として、JETRO高知との連携のもと「土佐FBCグローカルプログラム」に取り組んでいます。
 本プログラムは、土佐FBC修了生所属企業及び学生を対象にした、食品における海外ビジネスを外国で実際に体験する研修プログラムで、JETRO高知や土佐FBC教員などの海外ビジネスに豊富な経験を持つ専門家の指導により商談や展示会参加の留意点等必要な知識を修得する事前研修、海外で開催される展示会に出展する海外研修(8月11~13日に開催された香港最大級の国際総合食品見本市である「27th HKTDC Food Expo 2016(香港Food Expo 2016)」へ出展)及びその研修報告会によって海外販路開拓のノウハウを得ることを目的としています。また、地方創生推進士育成科目(4th preparation phase準正課)にも位置づけられています。
 今年度は (有)菱田ベーカリーの菱田仁専務と高知大学の学生2名が参加しました。
 このたび、参加者によるこれまでの研修成果の報告と、講師による講評を行う報告会を下記のとおり開催します。

       

【日   時】 平成28年9月30日(金)13:30~16:00
【場   所】 高知大学地域連携推進センター 2階セミナー室
【次   第】 13:30~13:40  主催者挨拶
13:40~14:45  報告
           ①(有)菱田ベーカリー 専務 菱田仁(25分)
           ②高知大学人文学部4年 西森早里(20分)
           ③高知大学土佐さきがけプログラム2年 平已瑞穂(20分)
14:45~15:15  講評・指導 (株)こうち暮らしの楽校 代表取締役 松田高政
15:15~15:35  講評 ジェトロ高知 所長 山口和紀
15:35~16:00  講評・まとめ 高知大学 地域連携推進センター長 受田浩之
【報告内容】 1.香港研修前の自分の仮説について説明
  ①商品の売り方
  ②商品の改良・開発
2.仮説の検証方法について説明
3.アンケート及びインタビュー結果の報告、仮説との一致点及び相違点について説明
4.スーパー等視察報告
5.羊羹ぱんの香港向け改良・開発提案
6.商談の結果報告、バイヤーの声の紹介
7.羊羹ぱんの香港向け改良・開発案(=仮説)
8.目標と抱負の振り返りと、今後の目標

  

土佐FBCグローカルプログラム報告会.pdf(121KBytes)


 

【問い合わせ先】 地域連携課地方創生推進室  

         TEL : 088-844-8293

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

イベント

イベント3
AED設置場所