大学院博士課程 DCセミナーの開催について

2018年10月24日

 平成30年10月24日、朝倉キャンパスにて「日本の魚類学の発展の歴史–誰が初めて日本の魚を世界に紹介したか?−」と題して、北海道大学の今村央教授(専門は魚類体系学)に講演いただきます。内容は、日本の魚類が欧米の研究者により研究され始め、その後日本人による研究が始まり、発展して来た日本の魚類学の歴史について紹介していただきます。大学院博士課程のDCセミナー(理系・文系)として開催しますが、学部生や修士の大学院生、一般の方も聴講いただけます。是非ご聴講ください。

 詳しくは添付資料をご覧ください。

高知大学大学院DCセミナー(1.75MBytes)

【日時】 平成30年10月24日 16:00~17:30
【場所】 高知大学 朝倉キャンパス 理工学部2号館6階第1会議室
【講演者】 今村 央 博士(北海道大学水産科学研究院 教授) 
高知大学大学院DCセミナー


 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

イベント

イベント3
AED設置場所