高知人文社会科学会 2018年度シンポジウムアート・ポリティクス 地域社会におけるアート実践と文化行政の「ほどよい距離」とは?

2019年3月16日

 2019年3月16日(土)に高知人文社会科学会2018年度シンポジウムアート・ポリティクス 『地域社会におけるアート実践と文化行政の「ほどよい距離」とは?』を開催いたします。

 現在、アート(文化芸術)が有する「多様な価値」への注目が高まるなかで、アートを「地方創生」や 「地域活性化」の資源として位置づけようとする動きが活発になっています。行政を中心に推進されるこうした動きが活発化するなかで、地域社会におけるアート実践の在り方が改めて問われています。今回のシンポジウムでは、近年注目を集めている「アーツカウンシル」を取り上げながら、地域社会におけるアート実践と文化行政・文化政策とのあいだの「ほどよい距離」について考えてみたいと思います。

 詳しくは添付資料をご覧ください。

 

日時 2019年3月16日(土) 13:30~17:00(13時開場)
場所 高知県立県民文化ホール 4階 多目的室6(高知県高知市本町4丁目3-30)
参加費 無料(どなたでも参加できます)
問い合わせ先

高知人文社会科学会事務局(高知大学人文社会科学部内)
〒780-8520 高知市曙町二丁目5番1号
    TEL :088-844-8172 

    E-mail:gg01★kochi-u.ac.jp (★を@に変えて送ってください)

 

高知人文社会科学会 2018年度シンポジウムアート・ポリティクス 地域社会におけるアート実践と文化行政の「ほどよい距離」とは?.pdf(432KB)

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

イベント

イベント3
AED設置場所