三陸から高知への伝言 ~津波経験の伝承ネットワーク作り~

2019年3月16日

 高知大学防災推進センターでは、3月16日(土)に、東日本大震災の津波被災地より気仙沼市役所の元危機管理課長及び南三陸町の語り部の方をお招きし、シンポジウムを開催します。

 シンポジウムの目的は、高知県の防災対策に三陸の経験を生かすとともに、高知と三陸のネットワーク作りを目的としております。なお、3月15日(金)には、お二人は中土佐町と土佐市の防災現場を訪ね、地域の方々と交流しミニワークショップを開く予定となっております。

 詳細については添付資料をご覧ください。

        

日時

平成31年3月16日(土)13:00~16:30

場所 高知城ホール2階
参加費 無料(ただし、ネットワーク作り懇談会は会費1500円)
申込先

防災推進センター 島、新納

Fax:088-844-8781

Tel:088-844-8920

Mail:sanriku★kochi-u.ac.jp (★を@に変えて送ってください)

 

三陸から高知への伝言 ~津波経験の伝承ネットワーク作り~.pdf(726KB)

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

イベント

イベント3
AED設置場所