平成22年度事業に本学の申請課題が採択

2010年7月12日

 農林水産省の平成22年度「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」に高知大学の申請課題が採択されました。

 

 【申請課題】

    「宝石サンゴの持続的利用のための資源管理技術の開発」

 

 【申請研究者】

    高知大学教育研究部総合科学系複合領域科学部門 岩崎 望准教授

 

 【研究概要】

    宝石サンゴは有史以前から世界中で宝飾品として用いられており、日本近海は地中海と並ぶ主要な漁場であ

   る。長年にわたる漁獲により資源の枯渇が懸念され、国際的な商取引の規制が2008年から開始された。日本産

   宝石サンゴの知見はほとんどなく、資源量さえ明らかになっていない。そこで本研究では、日本近海の宝石サ

   ンゴについて分布密度、成長速度などに関する生態学的な研究を行う。そして、宝石サンゴの持続的利用を図

   るために、適切に漁獲するための技術や資源回復のための技術を開発する。

 

 【問い合わせ】 

    高知大学 岩崎 望

    (Tel:088-856-3019)

          鈴木知彦

    (Tel:088-844-8693 )

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所