平成25年度「地(知)の拠点整備事業」に採択されました

2013年8月5日

 文部科学省が実施する平成25年度「地(知)の拠点整備事業」に本学が採択されました。本学の事業概要は、下記のとおりです。なお、文部科学省のホームページから、全体の選定状況をご確認いただけます。

 

【事業概要】

高知大学は、本事業期間中に地域志向に特化した新学部「地域協働学部(仮称)」の新設を含めて「地(知)の拠点」機能を強化する全学改組により教育改革及び大学ガバナンス改革を行う。本事業はその一環として以下に取り組む。

 (1)高知県の地勢的問題から全域的な域学連携対応が困難である状況を克服して、地域ニーズと大学シーズを効果的にマッチングする体制(高知大学インサイド・コミュニティ・システム:KICS)を構築する。KICSは、県が設置する7か所の産業振興推進地域本部に大学教員が常駐し、官学一体となって隈なく地域と向き合うことで域学連携を推進する。

 (2)KICSを地域ニーズに柔軟かつ戦略的に対応して運用するため、学内には学長直轄の機構およびセンターを新設し、高知県とは幹部級連携推進会議を設ける。

 さらに、(3)「地域志向教育研究経費」を措置して課題を組織的かつ機動的に解決する域学連携教育研究を発展させる。

 

 

 

130805COC1

 

 

 高知大学インサイド・コミュニティ・システム(KICS)化事業(885KBytes)

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所