医療学系臨床医学部門教員が、5-アミノレブリン酸(ALA)が急性腎障害(AKI)を防止する効果を発見しました

2013年12月18日

 このたび、本学医療学系臨床医学部門 寺田典生教授、執印太郎教授他は、ALAの医薬開発を進めるバイオベンチャーSBIファーマ(株)との共同研究でラットを用いたシスプラチン腎障害モデルでALAと鉄の組み合わせ剤が顕著なAKI防止効果を有することを見いだし、その研究成果が12月6日号の科学雑誌PLos ONEに掲載されました。

 詳細につきましては、こちらをご覧ください。

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所