寄附講座「家庭医療学講座」の基本協定を締結しました

2017年3月30日

 平成29年3月28日、家庭医療学講座を設置するため、高知県との間で「寄附講座の設置に関する基本協定」を締結しました。家庭医療学講座は、地域医療を志す医師を育てようと、高知県が高知大学医学部に設置した寄附講座で、平成19年度に設置され、今回、5年間の延長が決定し第三期目となります。
 同講座の特色ある取組として、学生が安芸郡馬路村や高岡郡梼原町を訪ね、地域住民と交流しながら地域医療を考える「家庭医道場」などを主催しています。
 新たな協定では、同講座に高知県から引き続き寄附を受け、学生教育に加え、へき地で家庭医療を実践する総合診療専門医の養成などにも取り組みます。
 

家庭医療学講座の設置に関する基本協定の締結式.JPG

協定書を掲げる尾﨑正直高知県知事(左)と脇口宏高知大学長(右)

 

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所