医療学系基礎医学部門兼総合研究センター坂本修士准教授、樋口琢磨助教らの研究成果がNature系科学誌「Cell Research」に掲載されました

2018年4月9日

 医療学系基礎医学部門兼総合研究センターの坂本修士准教授、樋口琢磨助教らとフランスのInstitute of Human Genetics, University of Montpellier及び香港・State Key Laboratory of Oncologyとの共同研究により、機能性小分子RNAの生合成において主要な役割を果たす核酸切断酵素Dicerの発現制御に関して、新たな分子機構が発見され、その研究成果がNature Publishing Groupが刊行する「Cell Research」(2018年3月21日付)に掲載されました。
 様々な悪性腫瘍において、「Dicerの産生低下」と「がん細胞の転移能の上昇や予後不良群の増加」とが高い相関性を示すことが知られています。一方で悪性腫瘍におけるDicerの産生低下機構に関しては、不明な点が多く残されています。
 本研究では、卵巣がんの予後不良群においてDicerの発現低下が生じることが示されています。その分子機構としては、Dicer mRNA前駆体のイントロン中で生じる「二本鎖RNA結合タンパク質NF90の低下によるマイクロRNA(miRNA)3173の初期転写産物のプロセッシング促進」が関与することが示されました。実際、予後不良群の卵巣がんにおいてはDicerに加えNF90の発現も低下していることが示されています。
 本研究により、卵巣がんの進展において機能性小分子RNA生合成制御因子が深く関与することが示唆されました。

 

【発表論文】
雑誌名: Cell Research
論文タイトル: An NF90/NF110-Mediated Feedback Amplification Loop Regulates DICER Expression and Controls Ovarian Tumor Progression
著者: Jérôme Barbier, Xin Chen, Gabriel Sanchez, Muyan Cai, Marion Helsmoortel, Takuma Higuchi, Pierre Giraud,Xavier Contreras,Gangjun Yuan,Zihao Feng,Rima Nait-Saidi,Olivier Deas, Lisa Bluy, Jean-Gabriel Judde, Sylvie Rouquier,William Ritchie, Shuji Sakamoto, Dan Xie, and Rosemary Kiernan

論文掲載HPのURL: https://www.nature.com/articles/s41422-018-0016-8

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所