大学院医科学専攻修士課程2年Zou Suoさんが筆頭著者、医学部薬理学講座 清水孝洋准教授が責任著者の研究論文が国際禁制学会の機関誌である Neurourology and Urodynamics誌に採択されました。

2018年8月23日

 大学院医科学専攻修士課程2年Zou Suoさんが筆頭著者、医学部薬理学講座 清水孝洋准教授が責任著者の研究論文「Possible role of hydrogen sulfide as an endogenous relaxation factor in the rat bladder and prostate.(ラット膀胱及び前立腺での内因性弛緩因子としての硫化水素の役割)」が国際禁制学会の機関誌である Neurourology and Urodynamics誌に採択されました。
 

 詳しくはこちらから
 医学部薬理学講座ホームページはこちらから

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所