国際深海科学掘削計画第379次航海の開始について ~アムンゼン海の氷床縁辺掘削で探る西南極氷床ダイナミクス~

2019年1月18日

 本学から海洋コア総合研究センターの岩井雅夫教授が微古生物学(珪藻)研究者として、国際深海科学掘削計画第379次航海に参加します。

 国際深海科学掘削計画(IODP: International Ocean Discovery Program)の一環として、「アムンゼン海における西南極氷床史-アムンゼン海湾入域掘削記録による西南極氷床の温暖化応答性の検証」を実施するため、米国が提供するジョイデス・レゾリューション号の研究航海が1月18日から開始されます。
 詳しくは海洋研究開発機構プレスリリースを御覧ください。

http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20190118_2/

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所