教育学部 伊谷 行准教授と邉見 由美さん(当時、黒潮圏総合科学専攻在籍)が3年前に捕獲した、絶滅したとされる「オオスナモグリ」とみられる生物の発見がNHK NEWS WEB 他、多数のメディアで取り上げられています。

2019年6月6日

 教育学部 伊谷 行准教授と邉見 由美さん(当時、黒潮圏総合科学専攻在籍)が3年前に高知県土佐市で捕獲した甲殻類が、絶滅したとされる「オオスナモグリ」の可能性が高いことが分かり、6月5日のNHK NEWS WEB 他、多数のメディアで取り上げられています。

 

NHK NEWS WEB「“絶滅”の甲殻類 オオスナモグリか 干潟で発見」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190605/k10011941281000.html(外部リンク)


 本研究・発見の内容は、動物分類学に関する国際学術誌Zootaxaに掲載されています。
Tomoyuki Komai, Hiroyuki Yokooka, Yumi Henmi and Gyo Itani (2019) A new genus for “Neocallichirus” grandis Karasawa & Goda, 1996, a ghost shrimp species (Decapoda: Axiidea: Callianassidae) heretofore known only by fossil materials. Zootaxa, 4604 (3): 461-481.
https://www.mapress.com/j/zt/article/view/zootaxa.4604.3.4

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所