医学部 微生物学講座の橋田 裕美子助教が日本感染症学会 感染症優秀論文賞を受賞しました。

2019年12月6日

 医学部微生物学講座の橋田裕美子助教が、日本感染症学会「感染症優秀論文賞」を受賞しました。この賞は感染症領域において、優れた研究の英文原著論文を発表した研究者に贈られます。
 橋田助教の論文「Genetic variability of the noncoding control region of cutaneous Merkel cell polyomavirus: Identification of geographically related genotypes」は、人の皮膚に常在するメルケル細胞ポリオーマウイルスの遺伝子には日本人特有の塩基配列があることを突き止めたもので、米国感染症学会の学術誌「Journal of Infectious Diseases (217:1601–1611, 2018)」 に掲載されたほか、各種新聞やネットニュースでも広く報道されました。
 医学部微生物学講座のホームページはこちらから

論文賞2.jpg

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所