◆医学部附属光線医療センターの中山沢特任助教と井上啓史センター長らの研究成果が、光線技術に関する医学誌「Photodiagnosis and Photodynamic Therapy」に掲載されました

2020年7月16日

 医学部附属光線医療センターの中山沢特任助教と井上啓史センター長(教育研究部医療学系臨床医学部門教授)らは、SBIファーマ株式会社の石塚昌宏氏、東京工業大学の小倉俊一郎氏らとの共同研究により、抗がん剤であるMitomycin Cが5-aminolevulinic acid (5-ALA)を用いた光線力学診断・治療を増強することを発見し、その研究成果がInternational Photodynamic Association(国際光線力学学会)が刊行する「Photodiagnosis and Photodynamic Therapy」(令和2年6月24日付け)に掲載されました。

 本研究チームは以前、休眠がん細胞において5-ALAを添加すると、非休眠のがん細胞以上に、代謝物であるProtoporphyrin IX (PpIX)が蓄積することを突き止めていました(詳細はこちら)。

 今回の研究では、膀胱がんにMitomycin Cを投与し、非休眠がん細胞を休眠がん細胞へ誘導することにより、効率よくPpIX蓄積を促すことができることを新たに見出しました。がん細胞におけるPpIXの代謝経路を明らかにすることにより、光線力学技術の発展が期待され、革新的な腫瘍治療の開発に繋がります。

 詳細はこちらをご参照ください。

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所