◆海洋コア総合研究センターの池原実教授を含む研究グループの研究論文が英科学誌「Nature Communications」に令和2年7⽉29⽇に掲載されました

2020年7月31日

白亜紀の海底堆積物で微生物が生きて存在していることを発見
      ~超貧栄養環境下で眠り続けた生命?~

概要

 海洋コア総合研究センターの池原実教授を含む研究グループの研究論文が、英科学誌「Nature Communications」に令和2年7⽉29⽇に掲載されました。
 国立研究開発法人海洋研究開発機構、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立大学法人高知大学、株式会社マリン・ワーク・ジャパンは共同で、南太平洋環流域の海底下から採取した太古の地層試料(430万年前~1億150万年前)に存在する微生物を実験室培養によって蘇らせることに成功し、地層中の微生物が化石化した生命の名残ではなく、生き延びていたことを明らかにしました。

 この成果は、英科学誌「Nature Communications」に「Aerobic microbial life persists in oxic marine sediment as long as 101.5 million years(訳:酸化的海洋堆積物で1億150万年もの間生き残った好気的微生物生命)」というタイトルで令和2年7⽉29⽇に掲載されました。

 

 詳細は、こちらをご覧ください。

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所