ホーム Core Science Teacher
line
home >事業内容
事業内容
タイトル背景
 

 

 平成22年度に高知大学と高知県教育委員会は共同で「高知CST養成拠点事業」を開始し、平成23年度より第1期受講生を受け入れました。平成26年度からは、「高知CST養成拠点事業」の理念を継承した「(第2期)高知CST養成・活動事業」を平成29年度まで実施しました。


 平成30年度からは、これまでの理念を継承しながら「(第3期)高知CST養成・育成事業」を高知大学と高知県教育委員会の共同で実施することになりました。


 企画事業の内容は、以下の事業を実施することにより、高知大学大学院における理科教員養成の質的向上を図ると共に県内の小・中学校教員の理科教育における指導力 向上を図ることを目的としています。


1. 高知大学と高知県教育委員会との連携協力により、「高知CST養成プログラム」を開発・実施し、豊かな科学的知識や実験・観察についての確かな知識・技能を持つ大学院学生、現職教員を養成する。
2. CST(高知CST養成プログラムを修了した現職教員)は、拠点校を中心に勤務校や近隣小・中学校において、基礎力向上を重視した理科教育・実験・実習についての指導・助言を行い、地域の理科教育の中核的な役割を担う。

 全国的に児童生徒の理科学力の向上が求められる中、本県の現状も例外ではないと考えられます。小学校段階で子どもたちを理科好きにし、理科に対する知的興味・関心を育み、科学的な思考力や表現力を育て、中学校段階へとつないでいくことが求められます。そのためには、理科教員の指導力の向上を図ることが喫緊の課題であると思われます。


高知CSTプログラム概念図

コア・サイエンス・ティーチャー(CST)の活動
〒780-8520 高知県高知市曙町2-5-1
国立大学法人 高知大学 学務部学務課内 「高知CST養成センター事務局」 Tel:088-844-8659 E-mail:cst@kochi-u.ac.jp