トップページ 学校紹介 学校生活 研究 入試情報 交通アクセス お問い合わせ

学校紹介

トップページ > 学校紹介
MESSAGE FROM THE PRINCIPAL

学校長挨拶

高知大学教育学部附属中学校長
金子 宜正
 高知大学教育学部附属中学校は、昭和22年に高知師範附属中学校として始まり、のちに高知大学教育学部附属中学校と改称して現在に至るまで、70年以上の歴史があります。
 本校は、「人間性豊かに生きる力を持った生徒の育成」という教育目標のもと、自主性と責任感の育成をはかり、調和のとれた教育、全人教育を推進することを教育方針の一つとしています。また、基礎学力をしっかりと身に付け、自ら学び、考えることができる力をつけるように努めております。
 さらに、高知大学教育学部の附属中学校として、高知大学と連携した教育研究や、将来の教員を養成するための教育実習などを担っています。地域の教育機関とも連携し、皆が集まり、よりよい教育活動を行うための研究や意見交換を進めるための拠点となりうるよう努力してまいります。
 中学校での三年間は、様々な勉強やクラブ活動などの経験、友人たちとの交流などを通して、自立した人間として成長していく上での基礎を培う重要な時期です。個性を伸ばし、知力、体力、精神力、創造力などを高め、豊かな感性をもった、次世代を担う人に成長するように願っています。
SCHOOL EMBLEM

校章について

高知大学教育学部附属中学校校章

 高知大学附属中学校の校章はなにをかたち取っているかおわかりでしょうか。生徒たちは「逆立ちしたウルトラマン」と呼んでいます(逆さまにしてみてください)。
 本当は附属の「ふ」を組み合わせて中心に「中」の字を組み合わせたのだそうです。全体の優しいカーブは平和の象徴である鳩をイメージしたそうです。
 じっくり眺めてみてください。この校章をデザインした先人の願いが伝わってくるでしょうか。


TOP