前のページに戻る

特徴的な医療と先進医療

当院の理念は「患者さんの尊厳と地域特性を重視した医療環境の実現」というものです。
この理念のもと、今私たちが力を注いでいることについて一部ですがご紹介いたします。

遺伝相談外来

当院では、遺伝子に関係する多くの疑問や悩みにお答えするため、遺伝相談外来を設け、依頼者の皆様、一般の方のご相談に応じています。

特殊なインプラント

平成23年度まで「先進医療」の承認を受けて実施していました「インプラント義歯」が、医療の高度化に対応するという観点から平成24年度より「保険」を使ってできるようになりました。

WT1ペプチドを用いた、がんの免疫療法

「WT1ペプチドと百日咳菌体成分を用いた悪性固形腫瘍に対する免疫療法の初期第 I 相臨床試験」は、終了しました。目標としていた、一定の安全性の評価ができ、疾患別第 I / II 相試験に向けた基礎データが得られました。

セカンドオピニオン外来

他の医療機関にかかっていて、病状や治療方針について本院の医師の意見も踏まえたうえで治療を受けたいという方に、参考となる情報や意見を提供する『セカンドオピニオン外来』を開設(平成17年11月より)しました。

アスベスト外来

アスベスト曝露による胸膜悪性中皮腫・肺癌に対してCTを中心にした画像診断や気管支内視鏡検査と外科的診断法などを組合せ、早期発見と早期治療をすることを目的とした『アスベスト外来』を開設しました。

手術支援ロボット(ダヴィンチ)使用手術

当院では2012年から手術支援ロボット(ダヴィンチ)を導入しており、熟練した医師によるダヴィンチ手術を行っております。

結節性硬化症の診療

結節性硬化症は小児から成人期まで幅広い年齢で多彩な症状が現れる病気なので多くの科にまたがる診療連携が必要です。当院では高知大学結節性硬化症診療連携チーム(通称:高知TSCチーム)を結成し診療を行っています。