平成28年度高知大学研究顕彰制度「研究功績者賞、若手教員研究優秀賞、大学院生研究奨励賞」授賞式を行いました

2017年2月3日

  この研究顕彰制度は、優れた研究を行った者個人を学長が表彰することにより、研究業績者、若手教員及び大学院生の研究意欲の高揚を図り、もって本学における研究の活性化と一層の発展を目指すことを目的としています。
 平成28年度は、今後の活躍の発展性が期待される研究者として、研究功績者賞3名、若手教員研究優秀賞3名、大学院生研究奨励賞2名の方々が受賞されました。

 

平成28年度研究顕彰制度授賞式.JPG

 

【授賞式】 日 時:平成29年2月1日(水)11:00~11:30
場 所:学長室
【受賞者】 <研究功績者賞>
Darren Lingley  教授(人文社会科学部門)
清水 孝洋  准教授(基礎医学部門)
福原 秀雄      助教(臨床医学部門)

 

<若手教員研究優秀賞>
難波 卓司  准教授(複合領域科学部門)
宇田 幸司       講師(理学部門)

橋田 裕美子    助教(基礎医学部門)

 

<大学院生研究奨励賞>
古木 隆寛    氏(教育学専攻 修士課程)
劉    南希    氏(医科学専攻 修士課程) 

各受賞者の受賞の詳細はこちら平成28年度研究顕彰制度授賞式.pdf(304KBytes)をご覧ください。

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所