海洋コア総合研究センターの臼井朗特任教授が、資源地質学会第68回年会講演会にて「加藤武夫賞」を受賞しました。

2018年7月6日

 高知大学海洋コア総合研究センターの臼井朗特任教授が、平成30年6月27日、東京大学小柴ホールにて行われた資源地質学会第68回年会講演会にて「加藤武夫賞」を受賞しました。
 本賞は、日本の鉱床学を育てた加藤武夫東京大学名誉教授を記念して鉱床学の分野で顕著な業績をあげた研究者に授与される権威ある賞で、これまでに12名が受賞しています。

 臼井教授は、数十年にわたり,海底鉱物資源とりわけ海底マンガン鉱床の成因的研究に取り組み、多くの研究成果を発表するとともに、国際会議を主宰するなど海外でも高い評価を受けています。また資源危機において海底鉱物資源が注目されるなか、政府関係機関の委員を務めるなど、これまでの成因的研究を基礎に海底鉱物資源の産業化に向けて多大な貢献をしてきました。現在も高知大学において、海洋地質、資源地質分野の教育と研究に活躍しています。

 

 

表彰状
受賞の様子

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている内容について、不明点や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所