高知大学大学院総合自然科学研究科 看護学専攻
ディプロマ・ポリシー
カリキュラム・ポリシー
アドミッション・ポリシー
カリキュラム
学生定員
修了要件
履修方法
修了までの標準スケジュール
授業時間割
教員一覧
学位論文研究発表会
学位論文一覧
修了者の声
入学者の構成
入試情報
高知大学医学部
高知大学医学部看護学科
高知大学看護学会
高知大学看護学同窓会
看護教育・看護管理学分野
 看護教育学分野においては、よりよい看護を提供するための看護学教育のあり方について、その本質と方法論を探求し、看護学教育を実践(教育・臨床)の場で活用できる能力を習得します。看護管理学分野においては、看護管理者に求められる役割と責務について理解し、基本的責務を担うことができる管理能力の習得と、看護管理に関する視野を広げ、実践現場の課題を探求し、変革する力を身につけます。さらに看護管理者としてチーム医療の中で経営に強いリーダーとしての能力を発揮できるスキルを習得します。
 看護教育学と看護管理学を併せて学習することで、教育と看護実践のリーダーとなる資質、或いは管理者としての能力を併せもつ人材を育成します。

英語のページはこちら→

母子看護学分野
 母子看護学分野には、母子看護学課程と実践助産学課程の二つがあります。

母子看護学課程

 次世代の健全な育成のために、母子を一体的に据え、家族を含めた健康問題や健康に影響する因子を探求し、健康増進やQOLの向上への支援を考察します。そのために、母子を取り巻く文化的・社会的背景や諸理論に基づき、対象の健康課題やライフサイクル各期の発達課題を理解し、子どもや母性の健全な育成に必要な看護を探求します。本課程において必要な単位数を修得し、必要な学位審査試験に合格した者は看護学修士号を取得することができます。

実践助産学課程

 本課程において必要な単位数を習得し、必要な学位審査に合格した者は看護学修士号及び助産師国家試験受験資格を得ることができます。性と生殖のスペシャリストとしてリプロダクティブヘルス及びウィメンズヘルスに対するケア能力を習得します。そのために、最新の助産学、産科学をはじめ、関連する諸学問を理論的かつ系統的に学び、臨床における実践的な学習を通して周産期医療チームの一員として高度な医療の知識と技術を習得します。更に、国際的な視座をもってすべてのライフステージにある女性を取り巻く文化・社会的な背景を理解し、次世代育成の課題を探索し、問題解決策を提案します。

英語のページはこちら→

健康支援学分野
 健康支援学分野では、医療機関・地域・学校などで、疾患を持つ人々の治療に不可欠な看護活動・健康な人々に対する予防医学活動を推進するための知識と技術の深化を目指して学修や研究を行います。看護師・保健師・養護教諭のキャリアアップにつながる高い能力を培うことが出来ます。
 講義・演習・研究を通して、高度な実践能力(情報収集力・アセスメント力・調整力)、研究力、倫理観を身につけ、時代をリードする高度看護実践者、管理者、教育者、研究者を養成します。

英語のページはこちら→