教育・学生生活

留意事項

〔1〕 交通事故について 〔2〕 海外旅行には安全確認を 〔3〕 悪徳商法に騙されないように
〔4〕 カルト的宗教団体 〔5〕 大麻等の薬物について 〔6〕 不審な電話への対応
〔7〕 飲酒(イッキ飲み等) 〔8〕 拾得物・盗難 〔9〕 校内美化
〔10〕 国民年金 〔11〕 ゴミの正しい出し方について 〔12〕 学生の個人情報の保護について

 

〔1〕交通事故について

 毎年、高知大学生が加害者や被害者になる交通事故が起きています。

 交通事故は加害者・被害者を問わず、また、本人や家族にとっても精神的・経済的に多くの負担となります。そのため、自動車やバイク等を運転する者は自動車損害賠償責任保険(自賠責)はもちろんのこと任意保険にも加入することが最低限の責務です。

 自動車やバイクを運転する時には、飲酒運転をしないことはもちろん、確実で安全な運転を心がけてください。

 

(1)事故処理

 事故を起こした場合には、加害者・被害者ともに事故の続発防止措置を講じるとともに、負傷者があれば、直ちに救急車の手配や警察署への通報を行なう。  加害者又は被害者の住所・氏名・免許証・車のナンバー等を記録し、警察官の実地検査に立ち会うとともに、事故証明の手配等の処置をすること。

 

(2)事故の報告

 事故を起こした場合には、人身・物損事故とも、速やかにアドバイザー教員及び学生支援課に連絡すること。

 

(3)大学の処分

 学則により、事故の内容によっては、退学・停学及び訓告の懲戒処分をする。

 

(4)事故の対応に関する相談

 示談交渉など対応が困難な場合は、自分だけで判断や解決をしないで、県の交通事故相談所に相談すること。

 

〔2〕海外旅行には安全確認を

語学研修の留学や、ワーキングホリデーを利用して海外に出かけること、また夏季休暇等を利用しての海外旅行は、国際化が進んでいる今、高知大学でも特別なことではありません。しかし、近年もテロやSARSなどの日本人が巻き込まれる事件・事故や健康面でのトラブルは世界各地で起こっています。そのためには、海外では、「自分の身は自分で守る」という意識を持ち、無理することなく、安全を第一としての行動が大切です。

 

◇安全な海外旅行の基本

 ・海外危険情報や世界の医療情報を随時確認すること。
 ・危険な場所には近づかないこと。夜間の外出は控えること。
 ・見知らぬ人を無条件に信用しないこと。(日本人を狙った詐欺や強盗が多発)
 ・多額の現金、貴重品を持ち歩かないこと。(スリ・置き引きには細心の注意)
 ・パスポートは常にしっかりと身に付けておくこと。(国によってはコピーを携帯)
 ・連絡先を家族等に伝えておくこと。無事でもこまめに連絡をとること。
 ・食物(生水・生もの・氷)、動物等(昆虫にかまれたり排泄物)に注意すること。
 ・現地の人たちとの接触(患者・医療行為・性行為感染)に注意すること。
 ・治療中の病気がある場合は、診断・治療の内容の英文診断書を用意すること。
 ・発展途上国への渡航には、できるだけ予防接種(コレラ・ペスト等)を受けること。

 

◇渡航情報の確認はこちらへ

  ○外務省海外安全ホームページ     http://www.anzen.mofa.go.jp/   ○外務省海外安全相談センター      TEL(代)03-3580-3311 (内線)2902

 

〔3〕悪徳商法に騙されないように

 悪徳商法の被害者は、学生や就職して日が浅い若者に集中する傾向があるようです。特に、初めて親元を離れて生活する学生のみなさんは充分に注意してください。 なお、次のような勧誘が行われ、また引き続き行われるおそれがあるときは、刑罰が科せられたり、行政処分が行われることになっています。

(1)マルチ商法

 始めに商品やサービスを契約して、次は自分が買い手を探し、買い手が増えるごとに、リベートが入ってくるというもの。最近はネットワークシステムなどと言い換えている。

 

(2)資格商法

 電話で「講習だけで資格がとれます」などと勧誘し、教材を送り付けてきて代金を請求してくるもの。

 

(3)キャッチセールス

 街頭でアンケートを求めるふりをして呼び止め、別の場に連れて行き、執拗に勧誘し強引に商品等を契約させるもの。

 

(4)アポイントメントセールス

 電話やハガキで、「あなたが特別に選ばれました」など、販売目的を隠して、営業所などに誘い出し、執拗に勧誘し強引に商品等を契約させるもの。

 

(5)点検商法

 「役所から点検(配水管等)にきました」と嘘をついて点検料を請求したり、点検の結果「修理が必要」と勝手に工事を進めて、代金を請求するもの。

 

(6)催眠商法

 会場に人を集め、日用品等を無料で配り、参加者を興奮状態に誘導して一種の催眠状態にして、高額な商品を売りつけるもの。

 

(7)霊感商法

 占いや姓名判断などで、心や身体に悩みを抱えた人に、原因は霊的なものとし壷や印鑑を売り付けたり、祈祷料をとるもの。

 

 悪質業者は、様々な手口を使って、人間の欲望を刺激し、心理的な弱みを巧みについてきます。「おかしいな?」と思った時は、容易に契約せず、はっきり断ることです。

 万一被害にあった時は、アドバイザー教員に相談してください。また、クーリングオフ制度もありますので学生支援課へ相談し、警察署または消費者センターへ届けてください。《高知警察本部ホームページ》も参考にしてください。

 

◇悪徳商法の相談はこちらへ

  ○高知県警察本部悪徳商法110番 : 088-824-4000   ○高知県立消費生活センター : 088-824-0999

 

◇クーリングオフ制度

 クーリングオフ制度とは、訪問販売や電話勧誘販売等で、販売員の執拗な勧誘に根負けして契約してしまったが、後になって要らないと思ったときなどに、期間内であれば無条件に契約解除できる制度です。

 

〔4〕カルト的宗教団体

サークル等を装い勧誘活動を行うカルト的宗教団体に注意してください。
最近の新聞報道等にもありましたように、大学キャンパスの内外で勧誘活動を行うカルト的宗教団体があるようです。
これらの中には、最初は

 

「一緒にスポーツ(テニス・サッカー・バスケットボール等)しませんか」
「ボランティア活動に興味はありませんか」
「パーティーに参加しませんか、他大学や社会人の友達ができます」
「モデル、チアガールになりませんか」
「猫背を直してきれいな歩き方を身につけませんか」
「今度一緒にお料理をして食事しませんか」

 

などと、音楽やスポーツ、ボランティアなどのサークルを装って勧誘し、知らす知らずの内にマインドコントロールされてしまうものがあり、多額の献金を要求されるなどがマスコミ等で報じられています。このような団体に入会することは、精神的・経済的に多大な被害を受け学生生活が台無しになるばかりでなく、友人を勧誘することで仲間同士の信頼関係を壊すことにもなりかねません。自分達の身分や真の活動内容を明かすことなく、接近し勧誘を行うカルト的なグループには十分注意し、氏名、電話番号や住所など個人情報を教えないようにして下さい。そして「怪しい」と感じたら、強い意志を持ってきっぱりと断りましょう。  

 

〔5〕大麻等の薬物について

 大学生の間で大麻所持や吸引及び栽培等により「大麻取締法」違反容疑で逮捕される事件が相次いで起こり、社会問題となっています。乱用すれば、幻覚や妄想といった症状が出るだけではなく、生殖機能や免疫機能の低下等、身体機能に悪影響が出ます。大麻等の禁止薬物は違法であることを認識し、決して関わらないでください。

 

〔6〕不審な電話への対応

 高知大学の関係者を名乗る者から、学生の「携帯番号を教えて欲しい」などと、学生の実家に電話がかかる事例が、毎年数件あります。大学職員が職務上の用件で電話をする時は、所属部課名・担当・氏名を名乗りますので、不審な電話がありましたら、「すぐに教えない」で大学職員であることを確認した上で対処してください。また、不審な電話があった場合は、学生支援課に連絡してください。  

 

〔7〕飲酒(イッキ飲み等)

 新入生歓迎行事等で飲酒の機会が多くなる時期に、「イッキ飲み」での急性アルコール中毒による事故が多くなっています。新入生は入学した喜びもあって飲みすぎたり、先輩からのすすめを断りきれずに飲んでしまうことが原因のようです。イッキ飲みなどの短時間の大量摂取は、アルコール濃度の高い血液が脳に流れ大脳全体が麻痺し、呼吸中枢が麻痺し死に至る危険が高くなります。イッキに飲むと脳の麻痺もイッキに進むということです。様子を見ながら飲む量をコントロールすることが大切です。節度ある飲酒を心がけ、無茶な飲み方、飲ませ方をしないようにしてください。また、未成年者の飲酒は法律で禁止されていますので、充分に留意してください。

 

〔8〕拾得物・盗難

 学内施設等での落し物や拾い物をしたり、盗難にあったときは、その施設の事務室または、学生支援課窓口まで届け出てください。

 

〔9〕校内美化

 施設や備品(机・椅子)の取扱い、教室の整理整頓、ゴミ・紙屑の除去等、常に環境の美化に心掛けてください。また、喫煙については、タバコを吸わない人への受動喫煙による身体への被害防止および美化の意味からも、吸殻入れが設置されている場所にするなど、周りの人に対する心遣いを忘れないようにしましょう。また、未成年者の喫煙は法律で禁止されています。

 

〔10〕国民年金

 国民年金は、老後の生活保障や障害の保障を目的とした制度です。20歳以上の学生は加入が義務付けられていますので、住民登録している(住民票のある)市町村の国民年金担当窓口で手続きをしてください。また、社会人になってから保険料を納めることができる(在学期間中の国民年金保険料が後払いできる)「学生納付特別制度」があります。申請をして承認を受けることが必要ですので、市町村の国民年金担当窓口に問い合わせてください。

 

〔11〕ゴミの正しい出し方について

 学生も地域の一員であり、社会性を持たなければなりません。学生でアパートに住んでいるだけだから関係ない、と思うのは間違いです。分別方法や回収日など、居住している地区のゴミ出しルールを守り、各自が責任を持って生活してください。

 

〔12〕学生の個人情報の保護について

 平成17年4月1日から個人情報の保護に関する法律が施行され、それに伴い個人情報の取扱いについてこれまで以上に適正な管理が求められています。大学として学生の皆さんから提供を受ける個人情報は数多くありますが、大学として保有する主な学生の個人情報の取扱いについて次の通りお知らせします。

◎個人情報とは

 生存する個人に関する情報で、氏名、生年月日、その他の記述で特定の個人を識別できる情報を言います。

◎個人情報の保有及び利用目的

 今後、本学が皆さんから情報の提供を求める場合には、その利用目的を明示しなければなりません。高知大学が提供を受ける個人情報(氏名・生年月日・住所等)は入学後の教務関係(学籍管理・修学指導・保護者への成績通知等)、学生支援関係(奨学金申請・健康管理等)、授業料債権管理、教育研究活動の支援及び本学の発展に資する活動のために保有し、適宜利用させていただきます。なお、その主なものは、下表の通りです。

◎個人情報の管理

 提供を受けた皆さんの個人情報については、適切な管理のもと、漏えい等の防止に努めます。

◎個人情報に関して本人の関与

 皆さんの個人情報については、大学が適正な利用・取扱いをしているか確認する権利があります。これに関する制度としては、法令に基づく個人情報の開示、訂正、利用停止請求の権利があります。

 なお、希望される場合は、相談窓口(電話 088-844-8143/学務部学務課課長補佐)に申し出てください。

 

大学が提出を求める書類及びその利用目的等

提出書類 提出時期 利用目的 保有組織
保証書 入学時 授業料等に係る債務保証 経理課
住民票記載事項証明書 入学時 学籍管理
学位記作成
学務課、医学部・病院事務部
学生課、物部総務課学務室
身上調書 入学時

学生名簿作成
連絡用
教育研究活動の支援及び本学の発展に資する活動のため

学務課、医学部・病院事務部
学生課、物部総務課学務室
学生証交付願 入学時 学生証発行、写真付き学生名簿作成 学務課、医学部・病院事務部
学生課、物部総務課学務室
健康に関する調査票 入学時 健康管理指導 保健管理センター
現住所等届 入学時 連絡用
アドバイザー教員の把握
学務課、医学部・病院事務部
学生課、物部総務課学務室
就職等進路登録票 4年生時 連絡用
進路指導
学生支援課就職室
物部総務課学務室
健康診断票 受診時 健康管理指導
証明書発行
保健管理センター

教務情報システムKULASでの管理・入力情報

管理・入力情報区分 提出時期 利用目的 保有組織
・学籍情報
・成績情報
・履修情報
・学生支援情報
- 主な目的
・学籍管理
・成績管理
・履修管理
・学生支援
総括:学務課
履修登録
(共通教育、専門教育)
履修登録時 ・履修登録の確認
・履修指導
・履修管理
・授業実施
(共通教育、専門教育)
学務課、
医学部・病院事務部学生課、
物部総務課学務室
現住所届 入学時及び変更があった時 連絡用 学務課、学生支援課、
医学部・病院事務部学生課、
物部総務課学務室
保護者に関する情報 随時
(変更があった時など)
連絡用 学務課、学生支援課、
医学部・病院事務部学生課、
物部総務課学務室
学生支援のための情報
(課外活動、就職、アドバイザー教員届等)
随時
(変更があった時など必要時)
・アドバイザー教員の把握
・学生支援のため
学務課、学生支援課、
医学部・病院事務部学生課、
物部総務課学務室

【注】上記以外にも業務に応じて書類等で情報の提供を求める予定ですが、ここでは、全学的かつ一般的なものに限定して提示しています。

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

教育活動

学生情報

履修情報

キャンパス

AED設置場所