共通教育主管からのメッセージ

共通教育履修学生へ

 私たち人類が、ネアンデルタール人など他の人類のように絶滅することなく生き残ってきたのは、学習能力、とくに創造力のおかげだったという説があります。この説によれば、先人の知恵に学び、置かれた状況を観察し、どのようにして生き残るかを考えることは私たち人類の本質とも言えます。大学の共通教育で学ぶ、哲学・宗教、語学、芸術、歴史、文学、科学など、すべてが人類共通の知的遺産です。私たちは、先人の努力に感謝しつつ、この遺産を受け継いでいきたいものです。

 

 その一方で、地球環境も国内外の社会情勢も、学問や知識のあり方も、驚くほどの勢いで変化しています。このような中で、私たち教員にも、次世代を担う皆さんにも、人類の知的遺産をただ受け継ぐだけでなく、新たな知識を加え、より賢明な選択に結びつけていく努力が求められていると言えるでしょう。

 

 高知大学の共通教育は、大学生としての基礎的能力を修得する「初年次科目」、幅広い教養を身につける「教養科目」に分かれており、それぞれに全学の教員が担当する多様な科目があります。これらの中から、皆さんの興味や関心と重なる授業が見つかることと思います。

 

 受講に際してはこの履修案内を熟読し、必要な修得単位数・授業題目・申請方法などを十分確認の上、履修登録をするようにお願いします。疑問に思う点があれば、遠慮なく学生サービスセンターの学務課共通教育担当(共通教育棟1号館2階)の窓口に相談してください。

 

 大学では、次第にそれぞれの専門に分かれて深く掘り下げる勉強が多くなるので、幅広い分野の学問をじっくりと時間をかけて学ぶのはこれが最後の機会となるでしょう。共通教育の授業を通してこれまでの勉強の仕上げをするつもりで、主体的・能動的に受講されることを期待します。

 

 

共通教育主管 近藤 康生

●皆様のご意見・ご感想をお待ちしております...

ご意見投稿フォームへ

必要な情報を適切に公開するため、皆様の貴重なご意見をお寄せください。ホームページの改善に努めてまいります。

共通教育